2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 運慶 流出回避するも | トップページ | 大日如来坐像落札者 »

ガレとジャポニスム

ガレとジャポニスム

サントリー美術館開館1周年記念展

~5月11日

 サントリー美術館(港区赤坂9、TEL 03-3479-8600)で3月20日より、フランスのアール・ヌーボーを代表する芸術家エミール・ガレを特集した展覧会「ガレとジャポニスム」が開催されている。

 ガレは1846年フランス・ナンシー生まれ。父親はガラス器・陶器の製造販売業を営んでいた。1867年の「パリ万博」に訪れた際に日本美術と出会ったといわれ、「ジャポニスム」を代表する芸術家として絵画、彫刻、陶磁器、ガラスなど幅広い分野で活躍した。

 同展は、ガレの作品を年代別に追いながら、ガレの中の「ジャポニスム」の変遷を紹介する企画。ガレやそのほかの作品を約140件集める。会場構成と展覧会関連のグラフィックは、アートディレクターの葛西薫さんが監修した。

 初期のガレ作品には、江戸時代の画家・葛飾北斎による「北斎漫画」から鯉やカエルなどのモチーフを借用した花器「鯉」(1878年)や鉢「蓮に蛙」(1880~1884年頃)など、日本美術のモチーフをそのまま使用した作品が多い。展覧会では、ガレが年を重ねるごとに日本美術のエッセンスを取り入れながら西洋美術との融合による独自の作風を展開していく様子を紹介する。

北斎、広重はもちろん丹山陸郎、尾形乾山、高島北海、正阿弥勝義、宮川香山、野々村仁清、小川破笠、柴田是真、本阿弥光悦、俵屋宗達などなど、関連する日本美術もたっぷりと観ることができるようです。

サントリー美術館

http://www.suntory.co.jp/sma/index.html

サントリー美術館でエミール・ガレに宿る日本の心を垣間見る

http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/23/galle/

鯉魚文花瓶・ガレ

Photo_2

 

 

U00158171_3  北斎漫画 魚濫観世音

U0015817_2

« 運慶 流出回避するも | トップページ | 大日如来坐像落札者 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36968664

この記事へのトラックバック一覧です: ガレとジャポニスム:

« 運慶 流出回避するも | トップページ | 大日如来坐像落札者 »