2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 「四季の雅」 | トップページ | 竹久夢二の絵3点見つかる »

姫谷焼き

姫谷焼き
   備後に花開いた初期色絵磁器


広島県立歴史博物館
4月25日(金)~6月8日(日)


http://www.manabi.pref.hiroshima.lg.jp/rekishih/

Yomiuri_online

幻の姫谷焼一堂 現存わずか100点 

製造江戸前期の20年間のみ 

福山市加茂町で、江戸時代前期の17世紀後半に約20年間作られた「姫谷焼」を約50点集めた企画展が、25日から同市西町、県立歴史博物館で開かれる。佐賀・有田焼、石川・九谷焼とともに、「三大初期色絵磁器」と呼ばれるほか、現存数の少なさから<幻の姫谷焼>とも称される。同館では「福山に素晴らしい焼き物文化が存在したことを、多くの人に知ってほしい」としている。6月8日まで。

 福山ロータリークラブ(平地茂雄会長)との共催で、焼き物に造詣(ぞうけい)の深い平地会長が「若者に地元の文化に関心を持ってもらい、郷土への愛着を深めてもらおう」と、同館に働き掛けて実現した。同館に寄託された9点や平地会長が所有する2点に、個人収集家から借り受けた皿など計約50点のほか、破片など約100点も展示される。

 同館の鈴木康之主任学芸員らによると、姫谷焼は、加茂町百谷(ももだに)の山あいに窯が築かれ、1660~80年ごろに、色絵磁器の皿を中心に青磁や陶器が作られた。しかし、製造期間が短いため、現存しているのは100点ほどしかないという。

 皿は直径約15~18センチ、幅広の縁に、染め付けの上に赤や緑、黄、紫などで花や鳥などを描き、余白を多く使ったすっきりした構図が特徴。1937年、窯跡が県史跡に指定され、77年から2年がかりで行われた同市教委の調査では、新旧2基の登り窯跡が見つかった。窯跡からは色絵磁器のほか、瓶や茶道具の破片も多数出土した。

 一方で、生活雑器などの量産品はほとんど見つかっておらず、福山藩が贈答用などの高級食器を作らせた〈藩窯〉のような性格を持っていたと考えられている。同館によると、有田焼の技術を持つ陶工集団が制作した可能性が考えられるが、当時の藩主・水野家との関係を示す史料や、制作者を特定するような文献は確認されておらず、謎の多い焼き物とされている。

 姫谷焼の企画展は1993年にも同市内で開かれているが、展示は約20点にとどまった。鈴木主任学芸員は「今回は姫谷焼の歴史や作風を幅広く紹介できる。これまでで最も充実した展示になる」としている。

 入館料は一般290円、大学生210円、高校生以下無料。開館は午前9時~午後5時で、月曜休館(5月5日は開館)。26日午後2時から、鈴木主任学芸員が「備後に花開いた初期色絵磁器・姫谷焼が伝えるもの」と題して講演する。

 問い合わせは、同館(084・931・2513)へ。

読売新聞 4月19日

D1367020r_2

Edo Period (18th Century)
Decorated in iron-red, blue, turquoise and black enamels with a peony and foliage, chocolate rim, slight enamel rubbing
7½in. (19cm.) diam

« 「四季の雅」 | トップページ | 竹久夢二の絵3点見つかる »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36968621

この記事へのトラックバック一覧です: 姫谷焼き :

« 「四季の雅」 | トップページ | 竹久夢二の絵3点見つかる »