2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 一秒の言葉 | トップページ | 幽霊が怖くってコハダが食えるか! »

伊蘇普物語

0507_1

「通俗伊蘇普物語」 渡部温訳

挿絵を藤沢梅南榊篁邨と共に河鍋狂斎が担当。

Jgmweb_2 イソップ物語は日本では1593年にラテン語から翻訳

された、「イソポのハブラス」として紹介されたのが最初。

その後江戸時代に各種の「伊曾保物語」が出版されています。

そして明治になり渡部温が英語から翻訳した

「通俗伊蘇普物語」がベストセラーになり、

修身の教科書にも採用され広く親しまれるようになりました。

Hokusai_105_3 「アリとキリギリス」は見当たらないので北斎の「あやめときりぎりす」。

江戸時代、吉原へ通う二挺だての屋形船を櫓のきしむ音からきりぎりすといったそ

うです。大津絵にはこんな俗曲も

♪きりぎりす 時節とて 虫売り 女衒(ぜげん)の手にかかり
    江戸町々をかごに乗り 売られて買われて 身も細る
     ほんに 思えば 苦の世界 きうり切られて 勤めの身
    親たちゃ 草葉の陰で泣く 思い切れ切れ きりぎりす
     屋敷では 軒に吊られて 泣き暮らす
      ままになるなら 飛んでゆきたや 草の宿

« 一秒の言葉 | トップページ | 幽霊が怖くってコハダが食えるか! »

今日の浮世絵」カテゴリの記事

狂斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36968453

この記事へのトラックバック一覧です: 伊蘇普物語:

« 一秒の言葉 | トップページ | 幽霊が怖くってコハダが食えるか! »