2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 蒲原 | トップページ | テキサス »

鍵屋あ~

「橋の上、玉屋、玉屋の声ばかり、なぜに鍵屋と言わぬ情(じょう=錠)なし」

Sc162827fpxobjiip1_2

東都両国橋

川開き繁栄図

三代歌川豊国

旧暦5月28日は両国川開き。今年は7月1日。                         事の起こりになったのは、享保17(1732)年に起こった大飢饉だったとか。この年、西日本一帯で、いなごの大群が発生するなど全国的な凶作となったほか、江戸市中にコロリ(コレラ)が流行して多くの死者を出した。これを重くみた幕府(8代将軍吉宗)は、翌享保18年5月28日にその尉霊と悪病退散を祈って、隅田川において水神祭を挙行したのが始まりだとか。 今、堤通にある隅田川神社です。                                           川開きといえば花火。その時の花火の数は20発程だったとか。私は平和ボケして江戸の花火が大層な物と思っていましたが、当時の江戸では制約が多く、むしろ他国の方が凄いとは『甲子夜話』の松浦静山の話。例えば相模国(神奈川県)の仕掛花火の「富士の巻狩」。数丈もの長さの松の木が朝日の仕掛けで、そこから山の形が現れ、麓(ふもと)に人馬や獣が走る様子を幻出(げんしゅつ)する巧みさには驚くほかないとあります。

話を戻して川開きを取り仕切った花火師が鍵屋。初代弥兵衛が大和篠原村から江戸に出て、日本橋横山町で店を開いたのが萬治二年(1659年) 。ち ょうど大川(隅田川)に両国橋が架けられたまさにその年の事でした。そしてその年にはもう御本丸御用達の看板を揚げるほどだったようです。よほど評判がよかったものと見えます。代々の弥兵衛はその後も大型花火の実験を重ね、より大きく、より高く上がる花火の開発を続けました。58年後の享保2年(1717)には水神祭りの夜に献上花火の打ち上げにも成功。これが、両国の川開き花火の先鞭をつけることになったようです。

当時の花火の様子を、随筆『柴の1本』 には「しだれ柳に大桜、天下泰平文字うつり、流星、玉火に牡丹や蝶や葡萄に火車や是は仕出しの大からくり、提灯、立傘御覧ぜよとあり、様々な花火の名前が挙がりますが、まだまだ「立火」と「仕掛け花火」が中心だったようです。火薬の成分も硝石、硫黄、木炭の三味だけで色変わりもなく、変化にも乏しかったようです。硝石を使うと1700℃までしかならず、発色は困難だとか。          

現在のような打ち上げ花火が初めて記録に登場するのは前出の『甲子夜話』に載った花火番付。一番 流星 柳火、二番 打出し 群光星、三番 流星 武蔵野と70番まで続きます。その12番目に登場するのが  十二番 打揚げ 。享和4年(1804年)のこと。流星と云うのは初期の打ち上げ花火で、円筒形の花火本体に推進用の火薬が入っていて、点火すると自力で空中に飛び上がるロケット式だった。安定を良くするため後部に長い棒をつけてあるので真っ直ぐに上昇し、推力がなくなると落ちて来る。夜空に火の放物線を描くだけだが、当時としては最新の技術でした。

084_6 今のような色鮮やかな花火は明治22年(1889)2月11日まで待たねばならなかったようです。この日、日本は大日本帝国憲法を発布。フルカラーの花火は、その祝賀行事の夜のメインイベントとして皇居の二重橋から打ち上げられました。

東京十二月之内 七月 両国橋之納涼

尾竹国一                             

1901年

« 蒲原 | トップページ | テキサス »

今日の浮世絵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36968372

この記事へのトラックバック一覧です: 鍵屋あ~:

« 蒲原 | トップページ | テキサス »