2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 幽霊が怖くってコハダが食えるか! | トップページ | 水売り »

新刊情報

Htbookcoverimage6_2 書 名 浮世絵史概説
副書名 フェノロサ厳選20木版画による浮世絵史観
原書名 An outline of the history of Ukiyo-ye.
出版社 発行所=新生出版(港区)
著 者 アーネスト・フランシスコ・フェノローサ 高嶋良二
税込価格 1,155円(本体1,100円+税)
発行年月 2008年1月
判型 B6
ISBN 9784861282508
フェノロサ没後100年の今なお燦然と輝きを放つ浮世絵師たちの歴史。岩佐又兵衛から広重まで20人の絵師が描く珠玉の精神を“フェノロサ美学”で読み解こう。

日本美術の五大史的区分;
徳川時代の八流派と浮世絵の画題;
浮世絵文化の表現形式と三様式;
浮世絵の影響と進歩;
土佐派・狩野派と岩佐又兵衛(一五七八‐一六五〇);
初期浮世絵と菱川師宣(一六一八?‐一六九四);
肉筆浮世絵と宮川長春(一六八二‐一七五二);
鳥居派と役者絵;
初期の判型と摺;
鳥居清信(一六六四‐一七二九?)と奥村政信(一六八六‐一七六四);
鳥居清満(一七三五‐一七八五)と宮川春水(作画期一七四〇‐一七七〇頃);
錦絵と鈴木春信(一七二五?‐一七七〇);
勝川春章(一七二九‐一七九二)と一筆斎文調(春章と同時代);
浮世絵黄金期の鳥居清長(一七五二‐一八一五);
清長の信奉者たち;
過渡期の喜多川歌麿(一七五三?‐一八〇六);
葛飾北斎(一七六〇‐一八四九)と歌川豊国(一七六九‐一八二五);
後期浮世絵と歌川広重(一七九七‐一八五八)



27016 公文浮世絵コレクション
江戸子ども百景
小林 忠 監修
中城 正堯 編

定価2,940円(本体2,800円)
ISBN 978-4-309-27016-6 ● Cコード 0071
凧あげ、双六から鉦太鼓、からくり玩具まで、世界にも類をみない江戸の遊び文化。さらに列島のすみずみにまで誕生した読み、書き、算盤の手習い塾の風景。子どもの楽園、子どものあるべき姿が見えてくる浮世絵集成第二弾!

Seia0806a 江戸編年事典  新装版
 稲垣史生編
江戸の社会・経済ぜんたい、犯罪、心中、自然災害など、年ごとの編年方式「江戸庶民年代史」。天正~元和期、寛永~慶安期、元禄前後、享保~寛保期、延享~天明期、寛政~文政期、天保~慶応期に大別。女郎の買い方・化粧の仕方・恋文の書き方など「実用江戸風俗帳」が附録。 新装版。

四六判二段組 684頁   
ISBN978-4-7905-0502-0
本体価格 5700円

« 幽霊が怖くってコハダが食えるか! | トップページ | 水売り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36968446

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊情報:

« 幽霊が怖くってコハダが食えるか! | トップページ | 水売り »