2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« | トップページ | 伊蘇普物語 »

一秒の言葉

Hachimanshrinefukagawa   「はじめまして」

この一秒ほどの短い言葉に、

一生のときめきを感じることがある。

「ありがとう」

この一秒ほどの短い言葉に、/

人のやさしさを知ることがある。               「江戸名所 深川八幡宮」
                                    広重

小泉吉宏

Sc190340fpxobjiip1 23年前一度だけ放映された幻のCMがこの10日、各民放で1回だけ復活するとか。

時の記念日のSEIKOのコマーシャルです。

江戸時代庶民に時を告げたのは鐘。

上野、浅草、芝切通しなど9ケ所の鐘が幕府に公認されていました。

「浮かれ浮かるる脚の下、撞き出す鐘は浅草か、雲の上野の明け六つに・・・」

清元「流星」

これらの鐘が聞こえる範囲に住んでいる武家、町人からは鐘撞料が徴収されたそうです。間口一間について年三文。

Sc183346fpxobjiip1 先日のNHK「新日曜美術館」では歌麿の「青楼十二刻続」が紹介されていました。吉原の一日をを刻にあわせて捉えています。絵師として吉原に自由に出入りできた歌麿は、女性がふとした一瞬に見せる仕草や表情に美しさを見出します。

画題に柱時計があしらわれていますが、吉原の刻を告げたのは深川八幡の鐘(公認9ケ所には入っていない)でした。さすがにこの鐘撞料は吉原がすべて負担したようです。

「青楼十二時 続 巳ノ刻」

« | トップページ | 伊蘇普物語 »

今日の浮世絵」カテゴリの記事

広重」カテゴリの記事

歌麿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36968457

この記事へのトラックバック一覧です: 一秒の言葉:

« | トップページ | 伊蘇普物語 »