2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 伊蘇普物語 | トップページ | 新刊情報 »

幽霊が怖くってコハダが食えるか!

Sc145735fpxobjiip1_2百物語 こはだ小平次

北斎

歌舞伎座六月大歌舞伎の「生きている小平次」、幕が上がると一面が青い沼のシーン。それだけで拍手が来たことを覚えているとは、21年振りに主演している松本幸四郎。 「これからの歌舞伎を示唆する作品」ともインタビューに答えています。

M24202702_2 その「生きている小平次」は大正一三年(1924)の鈴木泉三郎作ですが、享保3年(1718)戯作者、山東京伝が『小幡小平次死霊物語 復讐奇談安積沼(こはだこへいじしりょうものがたり ふくしゅうきだんあさかのぬま)』を著しこれが読本として人気になったところから、小平次ものの芝居や講談が次々生まれ、江戸の人々には非常にポピュラーな幽霊となっていたようです。安政六年(1859)には河竹黙阿弥の「小幡怪異雨古沼」があります。主人公小幡小平次は、三角関係のもつれから殺され安積(あさか)の沼に沈められた旅役者。その殺したはずの小平次が訪ねてくる、ひょっとすると生きている・・・。疑心暗鬼がもたらす恐怖を味わえます。

「小幡小平次」 三代豊国                                     外題 「小幡怪異雨古沼」                                     小平次 四世市川 小団次

そして強がる江戸っ子が吐くセリフが「幽霊が怖くってコハダが食えるか」。

江戸落語では小平次の師匠も登場させます。その名もこのしろ伝兵衛。                             

« 伊蘇普物語 | トップページ | 新刊情報 »

今日の浮世絵」カテゴリの記事

北斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36968452

この記事へのトラックバック一覧です: 幽霊が怖くってコハダが食えるか!:

« 伊蘇普物語 | トップページ | 新刊情報 »