2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 広重展 | トップページ | »

夕立

各地で夕立が発生しています。28日の雷雨は初めて経験する凄さでした。         神戸では幼い命が奪われました。1982年の長崎の大水害、1時間に187mmの豪雨。 今や各地で発生するようになった気がします。

U0099300 大はしあたけの夕立 

広重

名所江戸百景

大橋は元禄6年(1693年)に浜町から深川籾倉に架けられました。現在より150m程下流。最初両国橋が大橋と呼ばれそれに対して新大橋と呼ばれていましたが、両国橋の呼び名が定着するにおよび単に大橋と云えばこの橋の事になったそうです。                     「あたけ」は対岸の地名。1635年に造られた御用船「安宅丸」に因む。長さ36間、胴間20間の大船が廃船後埋められているとか。

異なる角度の雨の線は2つの版木を使った事が復刻事業で確認されました。何種類かの異なる刷りもあるようです。

Sc126266fpxobjiip1_3 Sc126267fpxobjiip1 

左側の刷りには対岸に2艘の小船。

御用倉に灯りが見えます。

藤澤周平の小説に「江戸百」を借景にした掌編があります。七つの連作の中にこの画もあります。好奇心の強い少女が大人への入り口に立つある一閃の話です。当時の子供はどんな夢を持っていたのでしょう。

神戸の亡くなった子供達は夢を叶えられませんでした。

« 広重展 | トップページ | »

今日の浮世絵」カテゴリの記事

広重」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36968318

この記事へのトラックバック一覧です: 夕立:

« 広重展 | トップページ | »