2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 盂蘭盆会 | トップページ | 歌麿「歌撰恋之部 物思恋」 1億円? »

近江八景

U0267700 「逢身八契 三勝半七の母節」 

歌麿

朝晩涼しくなり秋の訪れを感じさせます。

トップの絵は歌麿の見立絵の一つです。
画題からお判りのように近江八景の見立絵です。
こま絵は比良暮雪。
画材は元禄時代の大坂での心中事件。子までなした女芸人三勝と、貞節な妻お園の間で悩む半七が殺人を犯してしまい、子供を妻の許に預けて三勝と心中するという話。
三勝の母親としての母節を暮雪に見立てる。

Sc156259fpxobjiip1_2 他の八契は
「逢身八契 お千代半兵衛の寄乃涙(よるのあめ)」
「逢身八契 梅川忠兵衛の喜伴」
「逢身八契 椀久松山の情乱(せいらん)」
「逢身八契 お染久松の夕妾(せきしょう)」
「逢身八契 お半長右衛門の楽顔(らくがん)」
「逢身八契 お七吉三郎の盤棊(ばんしょう)」
「逢身八契 小柴権八の床乃通気(とこのつき)」

Sc156258fpxobjiip1_2 近江八景は明応9年(1500年)8月13日に近江守護六角高頼の招待で、近江に滞在した公卿の近衛政家が近江八景の和歌八首を詠んだことが始まりだと言われています。
比良の暮雪、唐崎の夜雨、矢(八)橋の帰帆、粟津の晴嵐、勢多(瀬田)の夕照、堅田の落雁、三井の晩鐘、石山の秋月の八景です。

« 盂蘭盆会 | トップページ | 歌麿「歌撰恋之部 物思恋」 1億円? »

今日の浮世絵」カテゴリの記事

歌麿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36968278

この記事へのトラックバック一覧です: 近江八景:

« 盂蘭盆会 | トップページ | 歌麿「歌撰恋之部 物思恋」 1億円? »