2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 水墨画の如き天童広重発見される  | トップページ | 「美の巨人たち」   »

日本は古来左側通行

Sc168062fpxobjiip1 源氏香 関屋
三代 豊国

                                                                     

                                                                     

                                                                     

                                                                     

                                                                     

                                                                     

                                                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

先日、大宰府条坊跡発掘現場で牛車の轍跡などが見つかったと報道されました。
牛の蹄の跡から左側通行と推定されています。
古来左が右より上位との思想が反映されているそうです。

古代大宰府に“交通ルール”!? 
     牛車と人 分かれて通行 奈良時代 道路にわだち跡

 福岡県太宰府市教委は8日、同市都府楼南5丁目の大宰府条坊跡発掘現場で、わだち跡のある奈良時代(8世紀)の条坊道路を発見したと発表した。わだちは路面の中央と左右の路肩に3本の筋を引くように見つかり、同市教委は「二輪の牛車(ぎっしゃ)などが道路の左右に分かれて通行していたと考えられ、一定の交通ルールが既に確立されていたのではないか」と分析している。
 発見された道路の幅は約3メートル。路面には縦方向にいくつもの溝が残され、路面中央と左右の路肩に集中している。わだちとわだちの間は1.0‐1.2メートルで、往来した牛車などの車輪間の幅が推測できる。
わだちの深い部分は10センチ以上も地面に食い込んでいる様子が分かり、牛とみられる足跡も多数残されている。
 路肩の両側には側溝跡(幅2.0‐2.5メートル、深さ50センチ)も見つかった。片方(西側)の側溝にはわだちはなく、人や牛の足跡だけが見つかったことから、「荷物を運ぶ車両は道路を通り、それ以外の人や牛は側溝を歩いていたのではないか。車両と歩行者を分離していたとも考えられる」(市教委)という。
 大宰府条坊は、大宰府政庁を北端の中心に置き、碁盤目状に道路を整備した約2キロ四方の計画都市。
今回の発掘現場は、条坊の南端に近い、中央より約200メートル西側の地点。発見されたのは南北に走る道路に当たる。
 市教委は「条坊道路が高い道路機能を備えていたことが確認できた。古代大宰府の交通事情は文字による記録がないだけに今回の発見は貴重だ」としている。
=2008/10/09付 西日本新聞朝刊=

源氏物語「関屋」は、光源氏と東国より帰京する空蝉が偶然逢坂の関で出会うところから始まります。
光源氏は願ほどきのため石山寺に参詣する途中です。
その行列を見ようとする人達で道中混雑します。
空蝉の一行が道を譲るべく休んでいる所を光源氏が目に止めます。
旧暦九月の末紅葉の頃です。
二人には一夜限りの秘めし思い出があります。

画題の源氏香。組香(=何種類かの香りを組み合わせてその香木の香りを嗅ぎ当てる遊び)の一つです。
その組み合わせの名称に源氏物語の各巻を符牒に使っています。
詳しくは「源氏物語の匂ひ」参照
http://homepage2.nifty.com/ukifune/Genji/ggenjiko.htm

C0005534遊女聞香図
宮川 長春 
天和2年(1682年) - 宝暦2年11月13日(1752年12月18日))
肉筆画専門の浮世絵師。

吉原の大店、松葉屋の花魁瀬川も源氏物語を隠語にしていました。
間夫は帚木(ははきぎ)。これは新古今集にある坂上是則の
「園原や伏屋に生ふるははき木のありとは見えて逢はぬ君かな」から。
遣手(やりて)は篝火(かがりび)、来なくなった客はずばり雲隠。

« 水墨画の如き天童広重発見される  | トップページ | 「美の巨人たち」   »

今日の浮世絵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36968122

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は古来左側通行:

« 水墨画の如き天童広重発見される  | トップページ | 「美の巨人たち」   »