2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 世界初の生命復活 | トップページ | ヘルシンキ  On a Journey to Edo »

紅葉前線

Sc138448fpxobjiip1_4   「江戸名所 

品川海晏寺紅葉見」
広重

                                      

                           

                             

                                   

20081103hog00m040005000p_size5_2先日北大ポプラ並木が色づき見頃との新聞記事がありました。
私が数年前訪ねた時は11月末でもう落ちてました。
見損ねて残念な風景ですね。
東の人気スポット日光の紅葉はそろそろのようです。
西のランキング1位嵐山は中旬以降まで待たねばなりません。

江戸で紅葉と言えば品川海晏寺。
♪粋な姿のしどけなく、真一文字に日本橋より真直ぐに、京橋中橋お万が紅、紅白粉も手に付かず、辛気辛苦の新橋に、品川作る水鏡、紅葉見ようなら海晏寺・・・♪      「道中双六」
最明寺(北条)時頼による建立時より、楓が栽植され蛇腹、千貫、菲梅、猩々などの古木、銘木があったそうです。
岩倉具視などのお墓がありますが、一般の掃苔はできないようです。

品川といえば、帰りはお定まりの所に落ち着きます。
海晏寺真っ赤な嘘のつきどころ

品川も負けずに近所に海晏寺
これは吉原と同じく紅葉の名所だったその近くの正燈寺、の組み合わせを意識した川柳です。

この絵の中に広重がいます。写正でもしているのでしょうか。
広重と思しき人物が江戸百の中など、所々で見受けられます。
そうヒッチコックがカメラマンや通行人の役でチラっと映っていたようにです。       例えが古いですね。オリバー・ストーン、三谷幸喜ですか。
それを探すのも楽しいかも知れません。

もう一枚広重による秋の風景を。秋の神奈川宿です。

An00229566_001_l

この7日は立冬です。ご自愛ください

« 世界初の生命復活 | トップページ | ヘルシンキ  On a Journey to Edo »

今日の浮世絵」カテゴリの記事

広重」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36968049

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉前線:

« 世界初の生命復活 | トップページ | ヘルシンキ  On a Journey to Edo »