2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 金閣寺に初雪 | トップページ | 「動物綵絵」修理事業報告書 »

白い象と黒い鯨、大胆に描く 伊藤若冲、晩年の屏風

白い象と黒い鯨、大胆に描く 伊藤若冲、晩年の屏風

江戸時代に京都で活躍した絵師で、近年、「奇想の画家」として人気の伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800)が晩年に描いたとみられる屏風(びょう・ぶ)が北陸地方の旧家で見つかった。今年8月に美術関係者が発見した。

 鑑定した滋賀県甲賀市のMIHO MUSEUM(ミホミュージアム)によると、屏風は縦159センチ、横354センチの六曲一双(左右一対)。一方(右隻)に波打ち際に座る白い象が、もう一方(左隻)には黒い鯨が潮を吹き上げている様子が大胆に描かれている。落款のそばに「米斗翁八十二才画」という書き込みがある。「米斗翁」は若冲の戒名になっており、80代前半の作とみられる。岡田秀之・同館学芸員は「晩年の大作は珍しく若冲の業績を知る上で貴重な資料」と話す。

 若冲に詳しい同館館長の辻惟雄(のぶお)・東大名誉教授は「思いもよらない発見で大変驚いている。画面いっぱいに空想をまじえて描かれた象の姿や、鯨を包む波頭の表現からも、落款からも若冲の作品に間違いないと思う。若冲研究にとって、大きな発見だ」としている。

朝日新聞
2008年12月20日14時56分

Osk200812200070 Osk200812200071_2

« 金閣寺に初雪 | トップページ | 「動物綵絵」修理事業報告書 »

若冲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36967949

この記事へのトラックバック一覧です: 白い象と黒い鯨、大胆に描く 伊藤若冲、晩年の屏風:

« 金閣寺に初雪 | トップページ | 「動物綵絵」修理事業報告書 »