2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

伊藤若冲 玄圃瑶華

Ito2ch

Popup 24th Feb. 2009 - 28th Jun. 2009
Ito Jachuko - Jade Flowers in Mysterious Gardens

MUSEUM FÜR KUNST UND GEWERBE HAMBURG
http://www.mkg-hamburg.de/mkg.php/en/sonderausstellungen/aktuell/detail/~S374/

ネズミとウサギ

D5157530l D5157531l

清朝時代に「円明園」から奪われたと中国が騒いでいる、イブ・サンローラン氏の遺品。現在その中国はチベットで何をしているのでしょうか。
ネズミとウサギの銅像の頭部、共に$20,297,268で落札されました。
そのクリスティーズの様子も併せて。

Gericault1

菜の花や

An00241224_001_l

「菜の花道」
窪俊満

各地で菜の花の便り、早咲きの河津桜とのコントラストを楽しめる所もあるようです。
画像には左側に蝶も3頭描かれすっかり春の気配。摺り物ですので所蔵する美術館も少ないようです。

菜の花や油ともしき小家がち 蕪村

江戸時代には菜種油もっぱら燈明油として使われました。日常生活の必需物資では米に次いで最も多く消費されたそうです。その量は「長夜」で一日に300樽、「短夜」では一日に200樽、年間9万6000樽と見込まれていました。これは(当時1樽3斗9升入り換算でした)概算約6、050トン/年の消費量となります。
そのほとんどが大坂などからの下り物です。そのため油切れや物価高騰に悩まされ、しばし江戸近郊での増産、物価統制政策が取られたようです。京都とて事情は同様で種子や油はすべて幕府に統制され、一度大坂に集められ搾られてから京口問屋を通じて燈明油の供給を受けていたそうです。
油の行商は、夏は、家々から声がかかるように、ゆっくり辻辻を回り、あっちで呼び止められて、油を売り、こっちで呼び止められて油を売りました。
現在仕事をサボっている事を言う「油を売っている」の語源です。

下は歌舞伎の『天満宮菜種御供』(てんまんぐうなたねのごくう)。

基になった菜種御供大祭は、毎年菅原道真公の命日(旧暦2月25日)に近い3月25日に土師の里の道明寺天満宮にて催されます。
左遷の詔《みことのり》を受けて大宰府へ向かう途次、道真公は当地に立ち寄られましたが、 辺り一面には菜の花が咲いていました。大宰府下向の後、おば君である覚寿尼《かくじゅに》公は 毎日陰膳を据えていましたが、その飯を粉にし、梅の実の形にした黄色の団子を こしらえたところ、病気平癒の効があるとして、参拝者がこぞって求めました。
これが河内の春を告げる神事となり、「河内の春ごと」として親しまれています。

Sc135555fpxobjiip1

浮世絵の版木 大量に見つかる

江戸時代に浮世絵を刷るために彫られた「版木」と呼ばれる板が国内で大量に見つかり、浮世絵の製作過程や職人たちの技術の高さがうかがえる貴重な資料として注目されています。

Img49a3350594fc2 版木は富山県内の旧家の蔵から見つかったもので、あわせて368枚あり、平成19年に国立歴史民俗博物館が購入して調べたところ、ほとんどが江戸末期を代表する浮世絵師・歌川国芳のものとわかり、そのほかに歌川広重や豊国のものもありました。版木は絵を刷るときの原版になるもので、絵師が描いた下絵の線が彫られていますが、髪の毛の1本1本が0.3ミリほどの細さで彫られているなど、版木を作る職人たちの技術の高さがうかがえます。また、多くの版木には刷るときの色を指定する絵師の書き込みが残っていましたが、例えば血の赤い色について、「ちのいろよろしく」とだけしか書かれていないなど、浮世絵の微妙な色合いは版画を刷る職人たちの感性に任されていたことがわかります。さらに、見つかった版木の中には公表されていない浮世絵のものもあり、博物館がコンピューターで色などを再現したところ、くじゃくと遊ぶ若君の絵とわかりました。この若君は去年の大河ドラマの主人公にもなった天璋院篤姫の夫、十三代将軍の家定とみられ、当時の将軍家を風刺していたため、版元が出版を取り止めたと考えられるということです。浮世絵の版木はほとんど残っておらず、今回のように大量に見つかったのは初めてだということで、国立歴史民俗博物館の大久保純一教授は「浮世絵の製作過程や当時の技術を研究するうえで大変貴重な資料だ」と話しています。見つかった版木の一部は24日から千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館で公開されます。

NHK動画ニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/k10014330721000.html

初天神

An00230654_001_l 今年は丑年明日は旧暦1月25日、初天神。
いつも通りの単純な理由で菅原道真。

道真と牛との関わりは深く、天満宮においては神使(祭神の使者)とされ臥牛の像が決まって置かれています。
ではどの様な関わりがあるのでしょうか。
道真の生まれは承和12(845)年、乙丑の6月25日。
亡くなったのは延喜3(903)年2月25日丑の日。
大宰府榎社で生涯を終えた道真、牛車に乗せられ都府楼から丑寅の方角に向かい牛車が止まった所に葬られました。大宰府天満宮です。
また大宰府に赴く途中出身地の土師の里で寄ったところを、藤原時平の命を受けた笠原宿禰景村に襲われます。その時現れ笠原に角を立てた牛は昔京都北山へお供をした牛だったとか。その他、元服の時の夢に白い牛を見たとか等多くの逸話が「菅家瑞応録」に書かれています。これを基に作られたのが「菅原伝授手習鑑」。

トップ画像は豊国の肉筆画で芸者が牛に乗っています。帆掛舟の浮かぶ海が背景に広がるところから、鎌倉から陸続きの小島江の島に、弁天参りにでも行くものと思われるます。しかし煙管をくわえていますし、衣装も宮参りにしては不自然。
これは菅原道真の見立てと考えられています。着物柄が梅であるのも暗示的。
またこれに似た絵が豊国の「菅原伝授手習鑑」の中村大吉の絵にある事からです。

0010131

ドイツ・フランクフルト

舞台のヒーローと夜の美しさ
Museum fur Angewandte Kunst
2.19~5.10

http://www.angewandtekunst-frankfurt.de/deutsch/05_ausst_helden.html

画像15点と解説 ドイツ語です

http://www.hr-online.de/website/rubriken/kultur/index.jsp?rubrik=5986&key=standard_document_36388486&gallery=1&mMediaKey=mediathek_36390366&b=0

Dehrcmsservlet

北斎肉筆画またも1億円?

東京ガスの会長だった都留勝利氏が蒐集した肉筆画の1点、
北斎の夕涼みの情景を描いた浮世絵が3月17日のクリスティーズに出品されます。
予想額は80~100万ドル。
他に勝川春章の春画(50~70万ドル)。
広重3点、清長、国貞、歌麿など

http://www.christies.com/LotFinder/searchresults.aspx?intSaleID=22459#action=refine&intSaleID=22459&sid=d80b6842-c075-4efb-a218-cbe307680394

D5180449l

春、ファッションの花開く

08hokusai_niku15 「五美人図」
北斎

                         

                         

年度末を迎え各企業の決算予測が報道されています。
電機、自動車、金融業種を問わず厳しい状況です。
そしてスポンサー契約の見直しも懸念されています。
「20世紀モダン・アート展」の中止がつい先日発表されました。
そんな中メルセデスベンツ主催のファッションイベントがNYで始まりました。
4主要コレクションとは違い、おもしろい若手のデザイナーの活躍が注目されるようです。
Red Dress Collection 2009ではフィギアスケートのKristi Yamaguchi 、エミー賞女優のCicely Tyson 等が文字通り真っ赤なドレスで登場しています。
http://www.mbfashionweek.com/

江戸時代の女性もファッションへの興味は大変だったようです。
逸話もいくつか残っているようです。
京都、時代祭の列に連なる中村内蔵助の女房もその一人。
貨幣鋳造に携わる銀座年寄を務めたのが中村内蔵助。ある日の東山で京都の豪商連中の奥方の集まりが催されます。皆さん供の者を従え綾羅錦繍の装い。
その中で中村内蔵助の女房は「黒羽二重の両面に、下には雲の如くなる白無垢を、幾重も重ね着し」で意表を付きます。
何度かの衣装替えで他の出席者が色や柄を競う中、白と黒のコーディネートを通します。逆に供の者には他の奥方に負けぬほどの衣装を用意したとか。
かくして断然の誉を得る結果に。
彼女のファッションアドバイザーを務めたのが尾形光琳です。


Sc152637fpxobjiip1 2点目は一度取り上げましたが湖龍斎の雛形若菜初模様シリーズから。
その年の最新ファッションを描いています。

3点目は北尾政演。

05001136l003 

ムンク

Becoming Edvard Munch: Influence, Anxiety, and Myth
February 14–April 26, 2009
The Art Institute of Chicago 

http://www.artic.edu/aic/collections/exhibitions/Munch/artwork

Art2chico

Happy Valentine's Day

Sc150883fpxobjiip1 「夜の梅を見る男女」
春信

                              

                              

                              

                              

                              

                              

                              

                              

                              

                              

今日は西宮でコンサート、ついでに時間を作って「日本画の精華」をやっている大谷美術館へ。
が、振替休日で休館。ならばと西宮えびす神社をお参りしました。
その東門脇に小さく祀られているのが梅宮神社。何の神様かご存知でしょうか。
さすが西宮、お酒の神様です。ちょうど新酒が搾りあがる頃にほころぶ梅の花に因んでるのでしょうか。
今年は暖冬のせいか既に各地から見頃との便り、春めいてきました。
浮世絵師の中には名前に春が付く人が結構いますね。
歌川派の創始者は豊春。太田南畝曰く「役者絵は春章が五人男の絵を始とす」した勝川春章。その師匠は宮川春水。宮川派、勝川派には大勢います。この他岳亭春信 、北川春成 。恋川春町は住んでいた小石川春日町をもじったとか。
北斎も春郎を名乗っていました。そして忘れてならない錦絵の創始者鈴木春信。
春信の梅がらみの絵を3点、
バレンタインデーでもあるので寄り添う二人を。

Sc157459fpxobjiip1 Sc152057fpxobjiip1 「梅の枝折り」

                 

               「風流浮世寄花 新枕 初開梅」

モネ15億円 ドガ17億円

D5176268l 印象派の画家クロード・モネ(Claude Monet)の作品『Dans La Prairie』が4日、ロンドン(London)で競売にかけられ、1500万ポンド(約20億円)の開始価格を下回る1124万1250ポンド(約15億円)で落札された。英競売大手クリスティーズ(Christie's)が明らかにした。


                           

              
『Dans La Prairie』は1876年の作品で、花が咲き誇る草地で読書をする妻カミーユ(Camille)を描いたもの。1877年にパリ(Paris)で初公開された。

 同日の競売では、アメデオ・モディリアーニ(Amedeo Modigliani)の作品『Les deux filles』も出品され、350-550万ポンド(約4億7000万-7億4000万円)の開始価格を上回る653万7000ポンド(約8億8000万円)で落札された。この作品が競売にかけられるのは、今回が初めて。

さらにドガの「14歳の小さな踊り子(Petite Danseuse de Quatorze Ans)」
は17億円で落札されました。記事のアジア人は日本人らしいです。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2567581/3753331

ドガの展覧会情報
Hamburger Kunsthalle
http://www.hamburger-kunsthalle.de/start/en_start.html

The National Gallery of Australia
http://nga.gov.au/Home/Default.cfm

The Dance Lesson
http://www.nga.gov/feature/artnation/degas/index.shtm

Vor_dem_spiegel

ドガと浮世絵の関わりについて、林忠正との繋がりについて書かれた文章です。

http://www.pref.mie.jp/bijutsu/HP/event/catalogue/degas/arayashiki.htm

役者評判記の世界展

1月6日~2月15日
尼信博物館
http://www.amashin.co.jp/kaikan/p1/index-jikai2.html

近松研究所開設20周年を記念し、専門研究の成果を広く一般に公開し、歌舞伎の世界を分かりやすく紹介するものです。
歌舞伎興行に際して出版された、「役者番付」・「絵尽し(えづくし)」・「役者絵」・「役者評判記」は、歌舞伎役者の評判や芝居の内容が絵と文字で記されています。当時の観客の視点で、人気を博した歌舞伎作品の魅力をたどります。
本展は、石水(せきすい)博物館(三重県津市)の所蔵資料の役者評判記を中心に、上方役者絵の祖・流光斎如圭(りゅうこうさいじょけい)の描いた役者絵(近松研究所 所蔵)も日本初公開いたします。

浮世絵としては如圭の作品4点、日本斎1点、鳥居清貞の「大江戸芝居年中行事」6点
と二代広重の「江戸名所 猿若町」が展示されていました。

特に興味を引いたのは「芝居見物の楽しみ方」と題されたコーナー。
当時の芝居見物の雰囲気を感じさせてくれます。
外題は「土舊礎花大樹」(めいしょはなのこのした)。最初の字は土扁に舊。
寛政4年2月大坂角座にかけられた芝居。
歌舞伎の台本の「台帳」、出演者と役名を記した「番付」、観劇者に渡された「絵尽くし」に画像にある如圭の「役者絵」、そしてヒット作になると内容や役者の芸は評判記にあたる「役者当振舞」が展示されています。

545745606_154 台帳に
為十郎刀を抜き ちょっと
立ち廻りありて 団蔵が
鑓(やり)のほさきをきりおる
是にて見得よく
両人きっと留まる

そして如圭作品では唯一大判(他の作品は細版)の役者絵は
正に切り落とした場面を描いています。

鳥追い

Sc127536fpxobjiip1 「鳥おひ姿 新シ屋(あたらしや) 里吉」
有楽斎長秀

                                                                

                                                                

                                                                

                                                                

                                                                  

                               

                              

                              

                               

                              

                               

                              

最近スズメに関する新聞記事2つを目にしました。
大正時代から続く伏見稲荷参道の焼き鳥がまた1店消え残り2店になったそうです。
Sc132387fpxobjiip1_2 中国からの輸入が禁止され、猟師の高齢化で国産も入手困難だそうです。
そう言えば私も10年ほど食べていません。
仕入れは国産1本450円、焼き鳥屋では一体いくらするんでしょう。
そう思っていたらスズメが激減しているらしい。
大まかな推定値ではあるが、1960年ごろの1割にまでなっているようだ。
餌場の田畑と営巣する木造家屋の減少が大きいようだ。
近い将来スズメの焼き鳥は消えるかもしれません。
伏見稲荷は商売繁盛と五穀豊穣(ごこくほうじょう)の神様。
名物の焼き鳥は、穀物を食い荒らすスズメ退治のために始まったとされています。
「鳥追い」と呼ばれる文化の一つでもあります。
明日は旧暦の小正月。 鳥追いはその行事の一つです。

広重はスズメがお気に入りなのか、椿との組み合わせで何枚か描いています。
今回は雪のないものを選びました。

先月の初めから明石公園にオジロビタキのオスが来ています。
結構稀なようで連日ファンが詰めかけています。
今ではすっかり慣れたのか目の前の枝にとまってくれます。
KOUさんのブログでお楽しみください。
http://kouyan.cocolog-nifty.com/kimagure/2009/01/post-2736.html
その他兵庫県ではヒメハジロやオオマシコ等珍鳥の報告が相次いでいるようです。

パリの浮世絵展

Estampes japonaises. Images d’un monde éphémère

à Paris
du 18 novembre 2008 au 15 février 2009
galerie Mazarine et crypte du site Richelieu :
Bibliothèque nationale de France, 58 rue Richelieu, 75002 Paris

http://expositions.bnf.fr/japonaises/index.htm


142_2 ご紹介するのを忘れておりました。
バルセロナからの巡回展です。
画像が豊富で解説も詳しくされています。
是非覗いて見てください。
右の画像の絵師は歌麿の自画像です。

086 061

Envisioning Edo's Splendor: "The Floating World" and Beyond
February 3 - July 19, 2009
Allen Memorial Art Museum,
Oberlin College

アメリカオハイオ州の大学です。
さすがアメリカの大学美術館、立派な美術館のようです。
しかしこの不況でアメリカでも様子が違ってきたようです。
先日、テレビでボストン交響楽団の個人寄付の減少が心配されていました。
ウォールストリートジャーナルでは美術館が所蔵品を売り出す様子が載っていました。
文化、芸術への影響が懸念されます。

Three2

立春朝搾り

Sc154703fpxobjiip1 酒屋吉野屋の主山吉の市川門之助
勝川春英

                               

                              

                              

                              

                               

                              

                               

                              

旧暦1月10日、立春。
みなさんは、春の訪れを何で感じますか。
日の光、萌出ずる野草、海の色、梅の香。
私が選んだのは酒、私は飲めないんですがね。
日本名門酒会は全国39蔵の立春朝搾りを販売します。
願いが叶う酒だそうです。
http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=375

江戸で喜ばれたのは上方からのくだり酒。
当初は清酒発祥の地伊丹や池田の酒の人気が高かったようです。
中でも『剣菱』は将軍の御膳酒に指定されます。
この他『男山』『松竹梅』『白雪』『老松』等の銘柄があります。
後、灘、西宮にその地位を奪われ、『男山』『松竹梅』等は北海道や灘にその名を買われます。立春朝搾りの中に『男山』の名がありますが、北海道です。
往時の面影は美術館の柿衛文庫や白雪本社で偲ばれます。

Sc155940fpxobjiip1 歌麿の「七人猩々酩酊之図 三幅之内」

北斎はカープファン?

北斎が新球場を描くとこうなる!?
江戸と平成の夢のコラボ“桶屋のスタジアム”。

新広島市民球場のグッズです。

http://www.carp.co.jp/

30024

噴火

559651925_106

浅間山、桜島噴火

日本の中央と南で一度に噴火、何となく不気味ですね。
北海道の雌阿寒岳も活動したり。

浅間山は有史以来何度か噴火しているようです。
江戸時代で有名なのは天明3(1731)年の大噴火。近隣の村で1500人余りの死者が出たり、埼玉、群馬にも大きな被害をもたらしたようです。
巷間云われる東北地方を中心とした天明の大飢饉は、浅間山の噴火の前でむしろアイスランドのラカギガルの噴火の影響が本当だとか。
画像は明治21年9月10日に出版された。音聞浅間幻灯画 、豊原国周の作品です。
題名に浅間の文字が入っていますが、実は明治時代最初の大災害になった21年の磐梯山の噴火が社会的に大きな関心を呼びます。そこで5代目菊五郎により「是万代話柄音聞浅間写画」(これはばんだいのはなしぐさおとにきくあさまのうつしえ)の外題で浅間山の噴火として上演された物です。
2枚目は英泉の描いた浅間山、天保6~9(1835~8)年にも噴煙を上げていたようです。
それに比して巴水の櫻島はのどかですね。

Sc207586fpxobjiip1 Sc205799fpxobjiip1

七草

An00195738_001_l

                              

                              

                              

                                    

今日は旧暦1月7日、風は冷たかったですが日差しには暖かさを感じました。
昨日は初子、そして今日は七草。川沿いを歩きましたがカモや川鵜もいてまだまだ冬。
しかし寒中に外へ出るのが健康の秘訣なんでしょうか。
江戸時代も一年病気にかからないよう願って、春の七草を神前に供えてから食べるという風習があったようですし、行楽のひとつでもあったようです。
そんな様子を描いた北斎の「初若菜」。
それにしても春の七草を漢字で書くと難しいですね。
芹、薺、御形、繁縷、仏の座、菘、蘿蔔

若菜で思い出すのは百人一首の光孝天皇でしょうか。 W0000116

君がため 春の野に出でて若菜摘む 
わが衣手に雪はふりつつ

国貞改二代豊国作です。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »