2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 鳥追い | トップページ | モネ15億円 ドガ17億円 »

役者評判記の世界展

1月6日~2月15日
尼信博物館
http://www.amashin.co.jp/kaikan/p1/index-jikai2.html

近松研究所開設20周年を記念し、専門研究の成果を広く一般に公開し、歌舞伎の世界を分かりやすく紹介するものです。
歌舞伎興行に際して出版された、「役者番付」・「絵尽し(えづくし)」・「役者絵」・「役者評判記」は、歌舞伎役者の評判や芝居の内容が絵と文字で記されています。当時の観客の視点で、人気を博した歌舞伎作品の魅力をたどります。
本展は、石水(せきすい)博物館(三重県津市)の所蔵資料の役者評判記を中心に、上方役者絵の祖・流光斎如圭(りゅうこうさいじょけい)の描いた役者絵(近松研究所 所蔵)も日本初公開いたします。

浮世絵としては如圭の作品4点、日本斎1点、鳥居清貞の「大江戸芝居年中行事」6点
と二代広重の「江戸名所 猿若町」が展示されていました。

特に興味を引いたのは「芝居見物の楽しみ方」と題されたコーナー。
当時の芝居見物の雰囲気を感じさせてくれます。
外題は「土舊礎花大樹」(めいしょはなのこのした)。最初の字は土扁に舊。
寛政4年2月大坂角座にかけられた芝居。
歌舞伎の台本の「台帳」、出演者と役名を記した「番付」、観劇者に渡された「絵尽くし」に画像にある如圭の「役者絵」、そしてヒット作になると内容や役者の芸は評判記にあたる「役者当振舞」が展示されています。

545745606_154 台帳に
為十郎刀を抜き ちょっと
立ち廻りありて 団蔵が
鑓(やり)のほさきをきりおる
是にて見得よく
両人きっと留まる

そして如圭作品では唯一大判(他の作品は細版)の役者絵は
正に切り落とした場面を描いています。

« 鳥追い | トップページ | モネ15億円 ドガ17億円 »

上方浮世絵」カテゴリの記事

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36967864

この記事へのトラックバック一覧です: 役者評判記の世界展:

« 鳥追い | トップページ | モネ15億円 ドガ17億円 »