2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 浮世絵の値段は?Christie's 2009.11.4 | トップページ | 地獄太夫 »

元禄歌仙貝合

An00532343_001_l 紫貝を物の名に 四方歌垣真顔
江ノ島へ 霞わたれる 片瀬村
さきか干潟に いまやなるらん

紫貝
月痴老人為一筆

18世紀になると貝類収集が流行しますが、それに先立って三十六歌仙になぞらえた歌仙貝の選定がはやりました。色々な組み合わせがありますが、元禄期には3つの歌合が出版されました。
その内の一つに「六々貝合和歌」があります。その組み合わせを模して狂歌を選び、北斎の挿絵と組み合わせたのがこのシリーズです。「うつせ貝」が文政4(1821)年巳年の絵暦になっており、また狂歌の内容から翌年に渡って行なわれた江ノ島弁才天の御開帳に合せた物のようです。狂歌は四方真顔を中心とする一派が競っております。

031001r 031002r

「六々貝合和歌」

102190w_2thumb_4 69076_292830thumb_2 きぬた貝 

みなせ貝

69078_292832thumb 69077_292831thumb いたや貝

しじみ貝

69075_292829thumb 69073_292827thumb_2 にしき貝

白貝

Photo 1 梅の花貝

すだれ貝

2 3

みやこ貝

なでしほ貝

Photo_2 1_2 あさり貝

いろ貝

Photo_3 1_3 まくら貝

ますほ貝

Mia_29090ethumb Caubklmfthumb あわび

ほら貝

Genrokucranethumb 08iitu_kaiawase07thumb あし貝

あこや貝

69072_292826thumb 102191wthumb ちくさ貝

さくら貝

Photo_4 1_4 わすれ貝

みぞ貝

08iitu_kaiawase12thumb 08iitu_kaiawase11thumb かたつかい

おどり貝

08iitu_kaiawase08thumb 08iitu_kaiawase03thumb しほ貝

すずめ貝

« 浮世絵の値段は?Christie's 2009.11.4 | トップページ | 地獄太夫 »

今日の浮世絵」カテゴリの記事

北斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36967751

この記事へのトラックバック一覧です: 元禄歌仙貝合:

« 浮世絵の値段は?Christie's 2009.11.4 | トップページ | 地獄太夫 »