2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 元禄歌仙貝合 | トップページ | 写楽の偽筆? »

地獄太夫

Kyosai6
書き込んでいいのかどうか。
でも担当者がブログに書いてますので。
まさかと思ったのですが説明を読むとこれしか思い浮かばないのです。
来春オークションに出るそうです。
見積り評価額は25~35万ドル。


今朝一番に会った顧客から、名品をゲットした!最近京博でも大展覧会が行われた、鬼才絵師「河鍋暁斎」の絹本著色金銀彩の大幅、「地獄太夫」である。

観た者にしか解らないと思うが、何しろこの作品は実に凄い構図なのだ。「琳派風銀地秋草図屏風」をバックに、絢爛且つ狂った「地獄変相図」柄の着物を纏った、美しい遊女が画面中央に立つ。彼女の廻りには、野晒し(骸骨)の三味線等の囃子方を配し、そして極め付けは、その遊女の脇の三味線骸骨の頭の上で踊り狂う、暁斎も学んだ「狩野派」風で描かれた「一休禅師」なのである。

と書かれていて最後の文章が
めぐり逢った「大名品」、頑張って高く売りたいモノである。

« 元禄歌仙貝合 | トップページ | 写楽の偽筆? »

狂斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36967744

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄太夫:

« 元禄歌仙貝合 | トップページ | 写楽の偽筆? »