2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« イギリスの美術展 | トップページ | "La Belle Ferronnière"驚きの150万ドル »

初世叶雛助の大森彦七と四世市川団蔵の粟生左衛門

195023981  細版 
落款 流光斎 

                                                                                              

                                                                                                   

                                                                                                                                                

寛政4(1792)年11月道頓堀角の芝居で演じられた「人心叶戯場(ひとごころかのうかおみせ)」から。
寛政4年は上方で版画作品が作られた最初の年と考えられています。
ここに描かれた二人は当時を代表する立ち役。
叶は嵐とも名乗り太りすぎから女形を断念。

粟生左衛門 は新田義貞の四天王の一人
彦七が背負っていた鬼女が正体を現す場面。

« イギリスの美術展 | トップページ | "La Belle Ferronnière"驚きの150万ドル »

上方浮世絵」カテゴリの記事

今日の浮世絵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36967686

この記事へのトラックバック一覧です: 初世叶雛助の大森彦七と四世市川団蔵の粟生左衛門 :

« イギリスの美術展 | トップページ | "La Belle Ferronnière"驚きの150万ドル »