2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« ドガ「合唱隊」盗まれる | トップページ | 売立目録 »

初夢

An00694622_001_l_3 An00694619_001_l_3 An00694617_001_l_3

「お宝、お宝」
の歌うような掛け声で宝船の絵を売り歩くのが元日の江戸の風物詩でした。
「ながきよのとおのねふりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな」
という回文が書かれており、これを枕の下に敷くと吉夢が見られると言い伝えられています。
この初夢ですが元日の朝に見るものか或いは元日の夜に見るものなのか諸説あるようです。
折口信夫によると元日の朝に見るもので、宝船も一年の汚れを流すのが本来だったそうです。
それが何時の頃からか、七福神が乗って財宝を積んでやってくる物に変わったようです。
谷文晁 (1763~1840)が、七福神の絵は「狩野松栄以前の絵を見ず」と『三養雑記』に書き残しています。
狩野松栄は文禄元年(1592)に没していますので、安土桃山時代には七福神はあったようです。
また、宝永年間(1704~1711)に大阪で出版された俳諧本の插絵に七福神が宝船に乗った物があります。
それより古いものには七福神が乗っておらず、新しいものでも将軍家、禁裏、武家の宝船には七福神は乗っていないそうです。どうやら七福神が乗った宝船はもっぱら江戸の庶民に流行した風習のようです。

画像は当時の人気絵師3人国芳、国貞、英泉の合作。

« ドガ「合唱隊」盗まれる | トップページ | 売立目録 »

今日の浮世絵」カテゴリの記事

国芳」カテゴリの記事

英泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36967726

この記事へのトラックバック一覧です: 初夢:

« ドガ「合唱隊」盗まれる | トップページ | 売立目録 »