2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 200億円のダヴィンチ公開 | トップページ | チチェン・イッツァ »

花見

Sc174849fpxobjiip1_2向島行楽図
歌川豊広

                               

                               

火星に運河が有ると唱えたパーシヴァル・ローウェル、来日して日本アルプスの写真を残したりしています。
また花見の様子を『極東の魂』に記録しています。

「日本人は場所を賞でるだけでなく、また時を賞(め)でる。
ある場所は日の出の時に見る。
またある場所は月夜に見る。
あるところは春に訪れ、また別のところを秋に訪れる」

同じ頃来日していたのがエリザ・シドモア。「シドモア日本紀行—人力車ツアー」が有名ですが、その中では上野の櫻を豪華絢爛と述べ、日曜日の上中流階層のものとして褒めています。一方向島は下層階級の櫻として寧ろ天下御免のどんちゃん騒ぎを記しています。豊広の絵をみると一概にそうとは思えないのですが。
またシドモアは向島の桜を嫌っているのではなく、むしろ感嘆し、惚れ込んだという話があります。
そしてポトマック河畔に桜を植えた中心人物です。
http://aranishi.hobby-web.net/3web_ara/sakura.htm#chapter1

Sc174851fpxobjiip1_2 Sc174850fpxobjiip1_2

そして明治期に来日木版技術を学んだ画家がヘレン・ハイド。
フランスでジャポニズムの影響を受け、通算十数年滞在フェノロサと交流が有りバーナード・リーチからはエッチングの指導も受けたそうです。
                                                
81207_561688 81127_561208

Blossom Time in Tokyo, 1914    An April Evening, 1910

« 200億円のダヴィンチ公開 | トップページ | チチェン・イッツァ »

今日の浮世絵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36967607

この記事へのトラックバック一覧です: 花見:

« 200億円のダヴィンチ公開 | トップページ | チチェン・イッツァ »