2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 喜多川歌麿の枕絵 | トップページ | 歌麿 雪月花 »

喜多川 藤麿

歌麿門下、不二麻呂・紅霞斎 紫霞斎 紫園・紫峰・芳州・洒仙・蓉山と号した。
錦絵
や版本の挿絵はほとんど見られないが、寛政から文政期(1789~183)にかけて、肉筆美人画の制作で活躍。
この他「美人春夏秋冬図」(浮世絵太田記念美術館所蔵)、「見立六歌仙図」(たばこと塩の博物館所蔵)が有名。

C0034743 「遊女立姿図」
東京国立博物館所蔵

Jkai0246b

                                                                  

「母子採芒図」
紙本著色・掛幅装
121.2×46.0
熊本県立美術館
落款は「藤麿筆」とし、朱文2字(紫園)と
白文2字(藤麿)の方印の2顆

                                                                     

Jkai0197b鍬を持つ美人図
絹本著色・掛幅装
91.6×25.8
熊本県立美術館

             

Photo
美人戯犬図 
絹本着色
106cm x 37cm
文政甲申初夏
紫峰老人藤麿

この足元に犬がじゃれている構図は源氏物語の若菜から採り入れられたようです。若菜に登場するのは唐猫ですが。多くの絵師に見られ師匠の歌麿にも「絵兄弟 見立女三の宮」のような作品があります。

                               Sc205924fpxobjiip1_2

« 喜多川歌麿の枕絵 | トップページ | 歌麿 雪月花 »

歌麿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36967573

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多川 藤麿:

« 喜多川歌麿の枕絵 | トップページ | 歌麿 雪月花 »