2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« ボストン美術館浮世絵名品展 | トップページ | ボストン美術館浮世絵名品展   歌麿 »

浮世絵の値段

Takahashi_hiroaki_abalone_diver_193

「四代岩井半四郎の乳人重の井」
Toshusai_sharaku_actor_iwai_hanshir
このたびのクリステイーズで注目の写楽は落札されませんでした。
かわって6万ドルの高値で落札されたのが高橋弘明の"Abalone diver" (1931.8)
トップ画像です、落札予想額は2~3000ドルだったのですが。
高橋弘明、馴染みがありません。以下のように紹介されています。

浮世絵師伝』p162(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)
〝弘明
 【生】明治四年(1871)一月二日 現在
 【画系】松本楓湖       
【作画期】明治~昭和
 
高橋氏、俗称勝太郎、画名は松亭の作多く、大正十年頃から弘明(ヒロアキ)と改号したが、稀に松亭の印 だけ押捺したるもあり、出生地は浅草向柳原にして、浅草永久町に在住せし伯父に当る容斎風の松本楓湖の宅で、九歳の頃から画手本を貰つて遊びながら習画した。下谷御徒士町より車坂に移る、十五、六歳の(肩揚のある)頃から宮内省の外事課へ通勤した、其役目は外国の勲章の写し、役人の通常服及び大礼服の改正雛形の描写其外宮中の器物に関するもの等であつた。通勤した重なる画師は、福井江亭、池田琴峯、三島蕉窓、高橋玉淵などであつた。其頃は交通不便で乗物なく、車坂より赤坂離宮
まで往復徒歩で、其の道程三里位あり、雨中の時は高足駄で鼻緒が切れて、素足で入ると門衛に咎められた事がある。 
  明治二十二年頃青年画家が協同して、青年絵画協会を設立した。会員は村田丹陵、富岡永洗、特に寺崎広業は飲友達で記憶が深い。 
岡倉覚三氏は美術院を立てゝから互評会を作り、其主旨は各自の作品を正に批評する会であつた。会員は鈴木華邨、寺崎広業、横山大観、下村観山、菱田春草、西郷孤月、木村武山、尾竹国観、竹坡、上原古年、岡田梅村、桜邨、水野年方等、・其当時の若手画家の集団であつた。 
また上野の伊予紋に文士、画家の会合する二十日会にも入会した。其会は文士が短文を作り、画家が文章に合せて挿絵する約束の会で、二三年続いたが泥酔乱舞に終り、殆ど実行した事は無い。其会員連は巌谷小波、坪谷水哉、大橋乙羽、高山樗牛、泉鏡花、尾崎紅葉等、画家は鳥居清忠、村田丹陵、島崎柳塢、寺崎広業、富岡永洗、小堀鞆音氏等である。(以上は氏の談話に基きたるもの) 
  下谷車坂より浅草駒形町へ移り、尋常小学校の教科書及び雑誌、新聞等の頼絵を揮毫すること十数年、其間に東京勧業博覧会、工芸共進会に出品して一等二等褒状等を受く。また駒形より神田区五軒町に移り、近所の古錦絵商前羽商店より古錦絵の再版の線書及び色ざしを依頼中、明治四十年春前羽商店を通じ渡辺版画店主(其当時は柳町に間借して居る頃)の需めに依り、独立した木版画、輸出向として日本の特長ある山水人物等数図を試に作つた。線書、色差し、摺合せ等を加へれば、普通の肉筆より数倍の手間は掛るが、摺上つて見ると肉筆より色彩の精美現はれ、欧米各国でも氏の版画を希望する者多く、年々版画の揮毫に努力されたる効ありて、震災前(大正十二年九月一目)氏の分だけにて大小取合せ五百図以上の数に上つた、版木も版画も全部焼失したけれども、震災後に災前より入念に作画されたものが多い。 
  昔の錦絵が江戸土産として地方の人々に購はれたのと同様に、現今世界の人々が日本土産として喜んで購ふことになつたのは興味深いことである。氏の現住所は東京府下矢口町字小林三二六番地〟    
 

 ◯「幕末明治の浮世絵師伝」『幕末明治の浮世絵師集成』p91(樋口弘著・昭和37年改訂増補版)
  〝弘明(ひろあき)
   高橋勝太郎、松亭のちに弘明と号した。松本楓湖の門人。小学校の教科書、雑誌新聞の挿絵から、その後は高級美術版画に転じた。昭和二十四年に歿した〟



その他で人気を集めたのも深水、巴水と近代版画でした。
いずれも予想の数倍以上の落札額。
浮世絵では国芳のユーモア系が人気のようです。

Ito_shinsui_taikyo_19167_d5347146h 「対鏡」 1916.7
47500ドル

 

                   

                                                  

                                              

                                                                           

                                                    

                                              

                                                         

                                                                      

                                                

                                               

 

                                

Ito_shinsui_yokugo_19171_d5347147h 「浴後」 1917.1  
40000ドル

 

                                            

                                               

         

                            

Kawase_hasui_harusame_no_kobune_1_3 

                                      「春の小舟」  1920    8125ドル

                                               

                                                                     

                                                                     

                                                                     

                                  

Utagawa_kuniyoshi_utagawa_kuniyoshi
化け物忠臣蔵
国芳
10625ドル   

                                             

                                          

                                                                                                                                                    

Utagawa_kuniyoshi_utagawa_kuniyos_3  福の神の籠毬
国芳
8750ドル

                                                                                                            

« ボストン美術館浮世絵名品展 | トップページ | ボストン美術館浮世絵名品展   歌麿 »

オークション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/36967438

この記事へのトラックバック一覧です: 浮世絵の値段:

« ボストン美術館浮世絵名品展 | トップページ | ボストン美術館浮世絵名品展   歌麿 »