2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 立きれ線香 | トップページ | 「ヴィーナス誕生」や 「受胎告知」を細部まで鑑賞できます »

上方落語名人撰 夜の部

2010年9月23日 大阪 新歌舞伎座 「時うどん」   林家笑丸 「四人癖」    桂 文三 「七段目」    桂 米團治  「祝いのし」   桂 春團治 中入り 「首提灯」    笑福亭松喬 「子は鎹」    桂 ざこば 生まれ変わった新歌舞伎座、舞台の雰囲気は前の新歌舞伎座にそっくり。 大きさも変わりません。 3階最前列からの観ましたが、舞台に水平距離は大してないのですが遠いですね。 噺家さんが小さいです。そしてスピーカーからの声が不自然。 最近は音響技術の発達のおかげで、もう少しナチュラルに聞こえるのが普通と思うのですが。落語には3階は不向きかも知れません。 まあ、歌謡ショーが多い舞台ですから落語ではこんなものかも。 入場者にチラシ1枚もなく、演目は終演後ロビーに貼られましたが、 下座さんの名前は書かれてませんでした。 やはり落語の扱いは小さいようです。 他の公演と同様弁当が売られているのはいいですね。 今回、襲名とかと違って口上とか特別な演出もありません。 マクラで立派な劇場が出来、そこで演らせて貰えてありがたい、述べる程度。 演目はそれぞれやり慣れた得意ネタを披露していただいたような。 個人的にはどうも最近行く落語会に偏りがあるようで、 米團治は14日「七段目」に春團治師匠も先月塩鯛襲名披露で「祝いのし」を聞いた。 ざこばの「子は鎹」もこの1年何度目か。 一方笑丸さんを見るのは半年ぶりですし、文三さんはそれ以上久しぶりです。 松喬師匠の「首提灯」も懐かしさを覚えた。 上方落語も200名を越えると満遍なく聞くのは難しい。 時間の加減か皆さんマクラも短めでしたが、触りを少々。 「時うどん」   林家笑丸 少し前船越英一郎さん主演の刑事ドラマに出たんですが・・・。 シーン 予想通りの反応ありがとうございます。 実は出てたんです。犯人役です。それも顔の出ない犯人役です。 どういう事かと言いますと、犯人が紙切りをするシーンがあったんですが、その手をやったんです。 これです、この手だけが映ったんです。この手でお判りの方も・・・いてませんわね。 仕事柄色んな所でやらして貰います。 先日も敬老の会に呼んで頂きました。 司会の方に紹介していただいたんですが、 「今日お配りした餅はすぐ固くなります。気を付けてください。では笑丸さんどうぞ。」 どんな紹介やね、と突っ込みたくなりましたが。 「四人癖」    桂 文三 笑丸さんも話してましたように色んな所行きます。 若い人に伝統芸能を、ということで保育園にも行きます。 テンション高いんですは。朝の9時半いうたら私ら普段寝てます。 子供は違いますね。私が出ただけで笑うんですは。 見たまま言います。「ちっちゃいおっちゃん」 園長先生がフォローしてくれます。「仕方ないでしょ」 あの落語にムキにならないでくださいね。 落語が初めての方もいらっしゃるんですが、時々ムキになられるんです。 そうかと思うと波長が合わなかったりとか。 こちらがここや!と思う所では全く受けず、逆に何故、どうしたんと思う所で爆笑されたり。 先日和歌山で「時うどん」やったんです。 さっき笑丸君がやりました。皆さん筋を理解されて最後の3文損でも笑っていただきました。 和歌山では違ったんです。 火おこしながらたて前言うたら「うまい!」、声がかかるんです。 私昔アルバイトしてたんで、うどんの湯切り気合いれてやったら前のオバチャン「熱っ」。 出汁を飲んだら「カツオ出汁や」。 いちいち反応してくれるんです。止めて欲しかったんですけどね。 箸を上下させたら同じように顔を上下させたりもしたりです。 その癖肝心な所聞いてないんです。3文損言うてもポカ~ン。 「七段目」    桂 米團治 先日のシアターBRAVAでの情熱大陸と同じくの演目。 あの時はトータス松本が競演していたので、落語に馴染んでいない若いお客も多数いました。 ですから米朝師匠には虫歯がない、「へえ=!?」 総入れ歯、歯なしかです。ワッハッハでした。 今回も同じような反応、受けてました。 しかし噺の中の受け方が違いました。 団十郎の鼻声の声色や、歌舞伎の仕草で受けるんです。 さすが歌舞伎はめったに掛からないくても新歌舞伎座、芝居に精通された方が多いようです。 昔松竹座では花道を使ったり、後でトンボ切らせたりして芝居小屋らしい演出でした。 新歌舞伎座でも工夫してほしいですね。 「祝いのし」   桂 春團治 大勢のお運びありがとうございます。 このような立派な劇場ができ、柿落とし公演に出演できますこと真にありがたいです。 私の後が中入り、その後の松喬さん、ざこばさんをお楽しみに一席お付き合いお願い致します。 「首提灯」    笑福亭松喬 今日は昼の部もあり、噺家が大勢出てますが、私が一番です。 何がと言うと、一番近いんです。それだけです。

« 立きれ線香 | トップページ | 「ヴィーナス誕生」や 「受胎告知」を細部まで鑑賞できます »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/37031863

この記事へのトラックバック一覧です: 上方落語名人撰 夜の部:

« 立きれ線香 | トップページ | 「ヴィーナス誕生」や 「受胎告知」を細部まで鑑賞できます »