2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« とてもまともとは思えない | トップページ | 春信 座敷八景 »

版下絵は写楽作

5月8日
NHKスペシャル
「写楽・天才絵師の正体を追う」

写楽の正体の特定に2008年にギリシャで発見された肉筆扇面画の存在が大きく寄与したようです。
モデルの役者の本筋にそんなには関係ない所に絵師の癖が出がち。
写楽では耳の描き方にそれが現れる。すなわち写楽は耳を5本の線で表現、扇面画の人物にもその特徴が見られる。
また画題になった場面は他の浮世絵には1点もない。贋作を作るならもっとありふれた場面を描くのが普通。
これらの理由から写楽の肉筆と考えられる。
そしてその描く線には大きな特徴がある。絵筆の上げ下げでリズムを刻み細切れている。
写楽ではと考えられた十数名の他の有名絵師の線とは全く異なる。
もう一人の候補蔦屋重三郎でもありえない。
ギリシャの扇面画が写楽作と考えられたことでもう1点写楽作の肉筆扇面画となる物がある。1934年に三重県津市の川喜田家で見つかった作品。
その中に描かれたおはん長の元絵は豊国作と思われ、当然この扇面画はその浮世絵の後に描かれたはず。しかるに豊国の作品が描かれた3年前に蔦屋は死亡しているので写楽ではありえない。
このように絞っていくと写楽は近年実在が確認された阿波の能役者斉藤十郎兵衛が残る。

斉藤十郎兵衛が住んでいた八丁堀地蔵橋の4軒隣の国学者を通じて蔦屋との繋がりも推定される 
ありえない顔合わせであり記録に存在しない外題でもあったゆえ、これまで偽作とされていた版下絵9点も写楽の作品と特定された。
それは写楽が夢に見たオールスターキャストによる想像上の舞台を描いた作品であった。
実際を描くのが常識だった世にあってのそのような発想を抱く写楽の進取性に驚かずにはいられない。

00023885
二代市川門之助、四代松本幸四郎、四代岩井半四郎


00023043       97633_504102
二代瀬川雄次郎、松本米三郎         嵐竜蔵、八代森田勘弥

« とてもまともとは思えない | トップページ | 春信 座敷八景 »

写楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/39924216

この記事へのトラックバック一覧です: 版下絵は写楽作:

« とてもまともとは思えない | トップページ | 春信 座敷八景 »