2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 清朝皇帝印350万ドル | トップページ | さど☆まさし 題名のある音楽会 »

福笑松喬松枝三人会

福笑松喬松枝三人会~仲の悪い兄弟たち~Vol.1

1eb48afc


2011年9月2日
繁昌亭 夜席

笑福亭たま 「青菜」 
笑福亭松喬 「へっつい幽霊」 
//仲入//
笑福亭松枝 「花筏」 
笑福亭福笑 「軒付け」

笑福亭たま 「青菜」

非常に珍しい顔合わせでして、このお三方が寄ったから台風が来たんじゃあないか、
もしこれに仁鶴師匠が加わっていたら死者が出たのではないかと噂しております。
若い連中は恐れをなして楽屋に寄り付かず皆受け付けを担当している有様です。
今旬の話題と島田紳助騒動ですが、昔はそういう関係があったそうです。
吉本興業なんて社名自体がそれっぽいですものね。
ですから昔は松竹の方が組織としては大きかったそうです。
かって芸人が給料値上げを松竹の社長に要求したら、社長が引き出しからピストルを出したというような事もあったとか。
私らが入門した頃はもうそんな風ではないですからよく判らないんですが。
ともあれそんな松竹に所属の師匠方の落語会です

笑福亭松喬 「へっつい幽霊」

我々3人は滅多に顔合わしません。繁昌亭なんかでも別々に組まれることが多いからです。
何と言っても別に会いたい訳でもないですから。
とはいえせっかくの会ですから来年は私が仕切らして貰うことになるのでは。
やはり彦八まつりの前日ですかね、他の噺家は皆仕込みで忙しいですから。

この噺は松之助師匠につけて頂きました。
最初の一言でしくじりました。
君のは違う、考え方を変えないといけないと言われたんです。
逆に師匠が間違っていると、やってしまったんです。
ですが何とか最後までつけていただきました。
毎夜7時半に師匠の家に押しかけたんです。
あの子の噺面白い続けたりという奥さんの口添えもあったようです。
稽古の間中毎日師匠から手紙が来ました。一日2度来たこともあります。
もちろんこの噺についてです。
私の後同じ様にざこばが付けて貰ってますが、何故か私のとは全く違ってます。
春之輔は完全にしくじりました。

笑福亭松枝 「花筏」
 
兄弟子がめったにない顔合わせの会を企画してくれまして。
いえお客様に喜んで頂こうなんて気持ちはないですよ。
すべて自分のためです。人のためにと言う発想は持ち合わせてませんから。
40年以上の付き合いですから気心は判ってます。
今も楽屋で電算盤はじいていると思います。
台風接近という時に立ち見まで出ている状況を見て、これやったら入場料もう500円高うてもいけたなとやってましたから。
40年、昔の長屋時代からの付き合いですわ。
師匠と一つの御膳囲んでました。筆頭が仁鶴、そして福笑、松喬と来て私松枝、後から呂鶴が入ってきました。
食事の時によう怒られましたな。
まず怒られるのが福笑。
味噌汁を3杯おかわりしました。
「アホか!味噌汁3杯飲む奴がおるか!」
なんとも言えない巻き舌です。
「昔からアホの3杯汁言うやろ、常識がない、品がない、ざんない。
ええ所連れて行かれへん、親の顔がみたい」
ご存知のように師匠は滑舌が悪かったんですが、こういう時は立て板に水滑らかでしたね。
「おまえみたいな奴いらん、はよ辞め。アホ、ボケ、かす、死ね」
その次は松喬、いきなり漬物のこうこから口にします。
「何考えとんね、他所でご飯よばれて漬物からいく奴が何処におる、失礼な奴や。
アホ、ボケ、かす、死んでまえ」
そして私です。
食事終わってお皿にソースが残ってます。
「何やそれもったいない。ちょっとは考えて食べ。何もわしはケチで言うとんと違う」
充分ケチで叱られましたが。
こうやって辞めと言われたのが数十人、4分の3が辞めていきました。

その師匠の法事が天王寺のお寺でありまして福笑が仕切ると言います。
それを聞いて悪い予感しました、案の定でした。
11231


何せ細かいんです、今も楽屋で淡麗ちびちびやってます。あれ発泡酒でしょ。
本来楽屋は禁酒禁煙なんですがあの人は特別、治外法権みたいです。
法事が終われば普通一席設けたり、小奇麗に盛り付けられた弁当で冷たいビールでしょ。
普通そう考えますがあの人は違います。
あの人西宮に住んでます。そこから天王寺まで嫁さんに家で冷やした発泡酒運ばせます。
デイスカウントショップで箱で買うたやつ。
充分温もってます。
それに目の前に並んだのはおかきにスルメやピーナッツ、乾き物のオンパレードですわ。
次は松喬が一門の忘年会は俺が仕切ると張り切ります。
実は一門の忘年会は途絶えておりました。
その訳は私の本に書いてます。今ロビーで売っている松喬の本には載ってません。
また悪い予感しました。
料亭の2万円のコース料理1万円でどうや。
今日もお越し頂いてるかも知れませんが、よくお世話になる料亭です。
よくして頂いてありがたいんですが豚に何とかです。
普段我々が打ち上げと言えば、繁昌亭近くのあそこ、あそこで2000円。
それで鱈腹食べて思い切り飲んでおまけに暴れ倒せ、というような連中です。
3000円とでも判ろうものなら幹事を殴りかねません。
年末の物入りな時期に会費1万円では辛い若手もいるでしょう。
40何人集まってもおかしくないのに顔出したのは7名。
皆欠席理由は仕事になってましたが、暮れも押し詰まってそれほど仕事があったのか。
まあ怪しいもんですね。
ほんま笑福亭という一門は加減頃合というものを知らないようです。

「花筏」相撲の噺を聞いていただきますが。
また大相撲の季節になりました。
最近不祥事が相次ました、いじめで弟子が亡くなったり八百長や大麻。
私は以前からこうなるのではと危惧しておりました。
きっかけは四股名です。本名で土俵を努める人が多くなりました。
これあきません。
名ビラに笑福亭松枝と書いていただいてますから様になってます。
これが秦 富男で落語やったら如何です?さっきのが高田 敏信で次出てくるのが高島 章。
おかしいでしょう。
古くは長谷川なんてのもいましたが、やはり輪島ですわ。
でも輪島は地名でもあります。地元をしょっていると言えます。
最近は多くて出島、垣添、片山、霜鳥なんておまえは冷蔵庫かと突っ込みたくなるのも八百長で引退しました。
本名がアカンのなら山を付けたらいいかと木村山に山本山。
おまえは笑福亭福笑かと言いたなりますね。
四股名を付けて公になる、それが例え業界内の事といえ。
本名で土俵にあがりますと我が出るのではと案ずるのですが。
今外国人力士が大勢幕内にいてます。
これが本名だったらどうします。
例えば白鵬の本名はムンフバティーン・ダワージャルガル、此方日馬富士ダワーニャミーン・ビャンバドルジ。 
どうです覚えられます。
呼び出しはまだ若いですし扇子にカンペ貼って誤魔化せるかもしれません。
行司はそうはいかんでしょう。
本名言うたら例の大麻事件で解雇された露鵬はソスラン・フェーリクソヴィッチ。
クソビッチですわ。
実況では貴乃花でも貴と略します。貴寄った、貴勝った、です。
クソビッチ略したらクソ。
クソ残った、クソ踏ん張った。
中継が終わればちょうど夕ご飯時。

まあ一日でも早く本来の大相撲に戻って楽しませて欲しいもんですが

笑福亭福笑 「軒付け」

ありがとうございます。よくぞお出でくださいました。
いや前売りが売れているのは知ってました、でも台風でしょう。
正直どうなるかと心配でした。
2階のお客様もありがとうございます。
皆下ばかり見てしゃべって上見ませんからね。

年寄り3人の会ですから楽屋の話題は健康ですわ。
私もそこらじゅうガタ来てます。
例えば目ですわ。瞼が垂れ下がって小澤一郎の目に似てるなんか言われてます。
それがこの2、3年一段とひどくなって睫毛が目に刺さるんです。
いわば年中逆睫毛状態なんです。仕方ないんで以前はセロテープ貼って釣ってたんです。
それだと肌が荒れたりしてくるんでしょっちゅう目医者に行ってるんですが、埒明かないんです。
そんな話を楽屋でしてたらあやめが「兄さん、それやったらアイプチですわ」
と教えてくれたんです。
私今生まれて初めて二重瞼です。
鏡見ながら結構いけてるやん、と気に入ってるんです。
なんか少女マンガみやいに目に星が輝いているような気がしてくるんです。
これやったら顎の骨削ったりシリコン入れたりしてみようかな。
俺はオカマか染雀か。
それから腹が出てきました。 
テレビショッピングで飲むダイエットなんかやりましたが効果ありません。
で本格的腹筋練習台買って必死でやったら腰いわしました。
結局リバウンドして腹出たままなんでセロテープ貼ってます。
何でもセロテープですわ。
人間道具使うなり何とかしないといけません。
何とかしたれよなでしこジャパン。
国民栄誉賞もええけど化粧品買うたれよ。
いえなでしこ好きなんですよ好きやから余計そう思うですよ。
育毛剤買うたれよ室伏。あれやったら松枝と変わらへんぞ。
投げる時ワオーか何言うとるんよ。あない吠えたら飛ぶんかえ。
それやったら松井やイチローも吠えたらええね。
あれ見てて思うんですけどなんで審判ヘルメット被らへんの、危ないよ。
ちょっと横のトラックが気になってボルトのフライング見てアホや、思うてたら自分の頭にハンマー当たったりして。おまえがアホやろ。
もっと危ないと思うのが槍投げ。
あれはローマ軍の盾が要ります。
危ない思うたら盾で落とすんです。もうちょっとで世界新いう所で落としたら選手怒るやろね。
逆に審判に刺さってそのまま後ずさり倒れた所で世界新、てな事はないですわな。
訳の判らんこと言うてんと「軒付け」というお噺でして

« 清朝皇帝印350万ドル | トップページ | さど☆まさし 題名のある音楽会 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/41709455

この記事へのトラックバック一覧です: 福笑松喬松枝三人会:

« 清朝皇帝印350万ドル | トップページ | さど☆まさし 題名のある音楽会 »