2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« こんな男にはなるまい | トップページ | レンブラント&ドガ »

1万5000年前の「抽象画」=石灰石に赤い点線―ドイツ

0901

時事通信 11月11日(金)7時0分配信

 【ベルリン時事】ドイツのテュービンゲン大学の研究チームが同国南部のホーレフェルス洞窟の1万5000年前の地層で、石灰石に描かれた絵画を発見し、同大の博物館で10日、一般公開を開始した。
 研究チームは洞窟で色が付いた石灰石4個を発見。このうち3個には2列の赤い点線が描かれている。残る1個は平たく、落下した壁画の可能性があるという。このほか、顔料に使ったとみられる黄土や赤鉄鉱も出土した。
 旧石器時代の壁画に特徴的な動物ではなく、抽象的な点線が描かれていることについて、研究チームは「当時の住民にとって重要な意味があったはずだ」と話している。 

« こんな男にはなるまい | トップページ | レンブラント&ドガ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/42966701

この記事へのトラックバック一覧です: 1万5000年前の「抽象画」=石灰石に赤い点線―ドイツ:

« こんな男にはなるまい | トップページ | レンブラント&ドガ »