2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 笑福亭鶴瓶落語会 | トップページ | 古山師政 »

「絵本庭訓往来」絵師 北斎本人か…新説

須坂市の田中本家博物館顧問で美術評論家の仁科又亮(ゆうすけ)さん(79)(千葉県袖ヶ浦市在住)が、江戸後期の浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849年)が挿絵を担当した江戸時代の書籍「絵本庭訓往来(ていきんおうらい)」中に登場する絵師=写真=が、本人自身を描いた自画像ではないかとする新たな見解を16日、県庁で発表した。

 仁科さんは浮世絵研究家で、国際浮世絵学会理事。絵本庭訓往来は、江戸時代に手習いの教科書として盛んに出版された「庭訓往来」の一種。挿絵入りで1828年(文政11年)に刊行された。北斎が、仏師や鍛冶などの職人を特有の詳細な観察眼で描いている。

 仁科さんは今年4月、千葉県いすみ市の寺が蔵する「絵本庭訓往来」を見ていて、登場する絵師が北斎ではないかと気付いた。絵師は2本の絵筆で女性を描いており、男2人がそれを驚いたように見ている。

 仁科さんは、この絵師を自画像と考えた根拠として「肖像画や自 画像で伝えられる面長な北斎の顔と似ており、描いている絵は、小布施町の北斎館が蔵する北斎の代表作『白拍子』に酷似している」と指摘。2本の絵筆を使う 曲芸的な制作ぶりも北斎らしく、「自己顕示欲も強く、自分の作品にほかの絵師を登場させるはずがない」と強調した。

 浮世絵専門の太田記念美術館(東京都渋谷区)の日野原健司主席学芸員は「一般的な絵師として描かれており、特定の誰かを意図的に表現したようには思えないが、絵師の遊び心として自分自身を投影したというのは一つの解釈かもしれない」と話している。

            
2014年05月17日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

20140516oytni50053l

« 笑福亭鶴瓶落語会 | トップページ | 古山師政 »

今日の浮世絵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/56222734

この記事へのトラックバック一覧です: 「絵本庭訓往来」絵師 北斎本人か…新説:

« 笑福亭鶴瓶落語会 | トップページ | 古山師政 »