2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 頭突き退場 | トップページ | 熊谷富夫さん死去 »

大浮世絵展


山口県立美術館で開催中の「大浮世絵展」好調のようで22日には入場者が5万人をこたとか。それも当然、美術館や個人所有のいかんを問わず日本全国各地から400点を越える作品が集められています。
東京、名古屋は既に開催され山口が最後のチャンス、お見逃し無く。

その中の1点、流光斎如圭の「芳澤いろはの桜丸女房八重」
以前このブログで取り上げたました
再掲しますと
展示されているのは左、しかしロサンゼルス群立美術館には右の作品があります

Himg0179_2   M2006_136_59

写楽の名が記され蔦屋の極があります
何故このような物があるのか
展示を機に山口美術館に問い合わせました
以下その回答です

本展覧会の展示作品番号352「芳澤いろはの桜丸女房八重」は、
流光斎の作品で間違いないと考えられます。
理由として以下の3点があります。

1.展示作品番号352「芳澤いろはの桜丸女房八重」は、寛政6年4月上演の芝居に取材したものであり、写楽がデビューするのは同年翌月であること。この作品が最初に出た時点で、写楽はまだデビューしていません。

2.流光斎と写楽、それぞれの画風。写楽の画風とはやや異なるように感じます。

3.描かれているのが江戸ではなく大坂・中の芝居の上演に基づく役者絵であること。流光斎は大坂で活躍、写楽は江戸で活躍しました。


そして、ご指摘くださったように、ロサンゼルス郡立美術館(LACMA)所蔵作品は、インターネット上で確認する限りでは、同じ作品(同じ版木で摺った作品)のようですね。
おそらく、江戸の版元が上方の版元からこの作品の版木を買取るなどした後、絵師名の部分に「埋木(うめき。版木の一部分を刳りぬき、別の木を入れて、その部分を修正・改作すること。)」をして、写楽の作品として、江戸で売り出されたのだと考えられます。

流光斎(あるいは上方全般)の役者絵は、役者の姿を理想化することなく写実的に描くという表現が、写楽の作画姿勢と共通するものとして指摘されています。
当時の江戸の人々にとっては、「写楽」の名で売り出されても違和感のない画風だったのかもしれません。



« 頭突き退場 | トップページ | 熊谷富夫さん死去 »

上方浮世絵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/56597828

この記事へのトラックバック一覧です: 大浮世絵展:

« 頭突き退場 | トップページ | 熊谷富夫さん死去 »