2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 鏡文字 | トップページ | 頭突き退場 »

三平・菊之丞・文菊 江戸落語三人会

日 時 2014年6月1日(日) 開 演 14:00  (開 場 13:30)
会 場 兵庫芸術文化センター 阪急中ホール

林家 なな子    「転失気」          4262412306_20140415093149
古今亭  文菊   「紙入れ」
古今亭  菊之丞  「親子酒」

中入

林家 三平     「浜野矩随」

上方では珍しい江戸落語家だけの会
前売りが今一つだったのはそのせい?
この2週間前に行われた「上方落語新鋭会」もそうだった
客層の平均年齢が70歳越え?のこの会場では定番以外はこうなのかも知れない
28人抜きと上方にはない雰囲気の丞様に惹かれ出張りました
三平?何の期待もしてません
それが会場でスケジュール見てビックリ
前半真打二人が30分ずつ+開口一番が15分
中入後三平が40分の割り
そうか香盤では三平が上なんですね
タレントの楽屋話で時間稼ぎ、その程度に思ってました

「転失気」
繁昌亭やその他の会でもまず「携帯電話の電源を」で始まるのが恒例なのに
いきなり噺にはいりました。
上方では常道の転失気の言葉の説明もなし
知らないままいって珍念と一緒に納得する方が笑えるかも
ただ珍念が歩く動作で膝を揃えて上下させていたのはどうか
やはり交互に上下させるのが普通でしょう

「紙入れ」
想像していた以上に凄みがありますね
上方の噺家では間抜けな男二人に目が行きがちですが
女将さんに聞き入りました

「親子酒」
上方と掴みと下げは一緒
ならどうして設定も採らないのですかね
酒好きがそれほどの理由もなく同時に禁酒
それがまた同時に破るとは不自然
居酒屋でいつも通りに飲んでいつも通りのケンカを披露
いつも通りに酔い潰れていいのでは
お似合いのネタのようには思えませんでした

「浜野矩随」
私がこれまで聞いたの志ん朝と志の輔
それを三平で聞くとは思ってもいませんでしたから
ネタに入った時はビックリしました
客層の平均年齢が70歳超えですから先代を出しても判ってもらえるでしょうが
浜野を聞かすのに要りますかね
他の家族のネタを出さなくても40分本題だけでも通用すると思うのですが。

浜野矩随、検索すると作品は鍔、小柄、目貫と刀関係ばかり
観音様や四足作ったんですかね?

« 鏡文字 | トップページ | 頭突き退場 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/56451048

この記事へのトラックバック一覧です: 三平・菊之丞・文菊 江戸落語三人会:

« 鏡文字 | トップページ | 頭突き退場 »