2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 熊谷富夫さん死去 | トップページ | 三代目染丸の礼状 »

ご自愛ください

13日の朝日新聞大阪版の1面を飾った写真は甲子園、
夏の大会開幕2日順延は大会史上初とか
そのせいか盆休みに入ったためか満員だったようです
それにしてもこの写真秋の空なんですよね
とはいえまだ8月半ば、蒸し暑さが続くでしょうからご自愛ください

日経の文化面は染織家の祝嶺恭子さん が寄稿されています
首里の「花倉織」、経糸、緯糸を浮かせて花や幾何学模様を浮かびあがらせる「花織り」、
経糸を絡ませて緯糸をくぐらせ、透き目を作る絽織りを組み合わせたもの
祝嶺さんはその「花倉織」の復元に尽力された方ですがその時役立った資料はドイツにあったそうです。
記事によりますとかってベルリン国立民族博物館には琉球王国時代の日用品や工芸品等469点あったそうです。様々な分野の物が含まれ、衣類は王族から平民の普段着や晴れ着、下着や履物が役職性別ごとに揃っていたとか。残念ながら戦争の混乱で散逸、現存は182点とか。
同様の琉球関係の品がヨーロッパ全体の大学博物館等に1770点以上あるそうです。
一方沖縄はといえばこちらも戦災で多くの美術工芸品や歴史的資料は焼失、中でも衣類布地は残っているケースは稀です。
また本土の博物館等ににある琉球の古い布地といえば日本民藝館にある1点のみ。
そもそもベルリン国立博物館に琉球の資料があるのは、琉球が日本に併合されると聞いた当時のプロシア政府が、独自文化の喪失を懸念日本政府に依頼して収集した結果です
依頼を受けた政府は何をしてたんですかね。
いわば外国から琉球文化の独自性を教えてもらったわけでしょうに。

ご自愛ください

中国ではお盆を鬼節とも呼ばれるからではないのですが
たまたま画像を見つけましたので「暁斎百鬼畫談」
山田書店美術部に250000円で出品されています

http://www.yamada-shoten.com/onlinestore/detail.php?item_id=39436

幕末・明治初期の鬼才画家河鍋暁斎の妖怪画集「暁斎百鬼畫談」は、折り本形式で作られてはいるが、絵巻ともいえる絵本である。
 暁斎ならではの圧巻の筆技と、骸骨軍団と妖怪軍団の対立場面など独自のアイデアを加えた本書は、「百鬼夜行絵巻」の源流とされている大徳寺真珠庵本から代々描き続けられた数多の妖怪絵巻の集大成

28511

« 熊谷富夫さん死去 | トップページ | 三代目染丸の礼状 »

狂斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415887/57071984

この記事へのトラックバック一覧です: ご自愛ください:

« 熊谷富夫さん死去 | トップページ | 三代目染丸の礼状 »