2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

オークション

アポロ13

Heritae2

先日388000ドル余りで落札されたアポロ13号の船長ジェームズ・ラヴェルのチェックリスト。
帰還に際しての個人的計算など危機的状況の貴重な記録が書き込まれているようです。
はたしてそれが個人的財産で所有、売買が個人のものといえるのか。
或いは社会的財産なのか。
NASAも関心を寄せているようです。

0704

しかし他にもアポロ10号の同様な物がオークションに出ているようですしどうなんでしょう

Lf


清朝皇帝印350万ドル

Freemans2

2頭の龍をあしらった翡翠の清朝皇帝印が9月10日のオークションにおいて350万ドルで落札される

Freemans1

私の葬儀に遅れそう

Liz2


”BALL” 
ダイアモンド サファイア
落札予想額  10~15万ドル

 

 

                                                                「リズ」の愛称で知られ、ことし3月に79歳で死去した米女優エリザベス・テーラーさんの宝石269点が12月にニューヨークで競売にかけられることになった。競売大手クリスティーズは7日、落札総額は3000万ドル(約23億円)を超えるとの予測を明らかにした。

Liz1

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110908-OHT1T00073.htm 

死亡を報じた各紙
表題はリズ最後のジョーク

                                        

スティーブ・マックイーンの911

King2


スティーブ・マックイーンのポルシェ911S
がこのほどオークションにかけられ1375000ドルで落札された。
このポルシェは1970年映画”ル・マン”の撮影時に届けられその映画の冒頭にも登場している。

10stevemcqueen1970porsche911s_2     08stevemcqueen1970porsche911s





飛んだ記念日

スペースシャトル”ディスカバリー”の最終打ち上げが成功した。
この後エンデバー、アトランティスも今年中に引退の予定。
しかしアトランティスは予算があれば引き続き打ち上げの可能性もあるとか。
機体の耐用年数ではなくお金の問題か?

「ハンバーガーショップの席を立ち上がるように男を捨ててしまおう」
宇宙の記念碑も俵万智に簡単に捨てられる男のような物なのか。

1961年4月12日ボストーク3AK-2が初めて宇宙飛行した。
ガガーリンの「地球は青かった」です。
その記念すべきカプセルが売りに出せれます
50年目を記念すべきこの4月12日に。
http://www.eturbonews.com/21375/sothebys-auction-historic-soviet-spaceship

こんな物がなんで売られるの?


Michael3


この印籠が目に入らぬか!

Japanese2_2

昨日のオークションで印籠としての最高額が記録されました。
162000ポンド、2150万円ほど。
柴田是心の明治期の作品。
イギリス人コレクター故エドワード・ランハム氏が所有。
1000点に上る印籠のほか根付、武具などが出品されて予想を上回る価格で落札されているようです。
7000ポンド程と思われていた文箱がその10倍とか、平田春正の印籠も96000ポンドの値がついたりしています。
今日も後半が行われます。
若冲、蕭白の絵も登場します。

Erez_6   Erez_5

デミ・ムーア

Demi2_2
"Mere et Ses Enfants"  Alfred Stevens

デミ・ムーアの所有作が2点出品されるようです。
さすが人気女優結構な評価額です。
トップ画像のベルギー人作家のは20万ドル。
下の"Frere et Soeur" (by William Bouguereau )の評価額は150万ドルです。
この作品1995年に178500で購入したもの。
彼女はこれらの作品から大いに刺激を受けたようです。

.
Demi1

宝探しで3億円

Thecrosby2

このほどのクリステイーズで3億6000万ドルで落札されたクロスビー・ギャレット・ヘルメット。http://www.christies.com/lotfinder/lot_details.aspx?intObjectID=5358441&CID=54470030902

なんでもイギリスのトレジャーハンターが今年の5月に発見、その地名から名付けられた。
紀元1~2世紀のローマ時代の金属加工技術の頂点を極めた逸品。
しかも完全な状態と申し分なく数千万円の高値が予想されていましたが、結果はさらに上を行く3億円。
金属探知機持ってウロウロしてみましょうか。
日本では錆びやすいから期待薄ですかね

http://www.youtube.com/watch?v=nyXQbcEnUzE

Thecrosby1_2

デニス・ホッパーコレクション

Christiesnewyork2

デニス・ホッパー、一番印象に残っているのは「イージーライダー」です。
映画は勿論ですが芸術にも造詣が深かったそうです。
そのホッパーが亡くなったのは今年5月。
そのコレクションが11月にオークションに出てくるそうです。
貧乏人はすぐ何故手放すのかな?と思ってしまいます。
最大の目玉はこれですかね。
ジャン=ミシェル・バスキア、タイトルはなし。
評価額は500~700万ドル。

ピカソ La Minotauromachie

Sothebyssets2

Pablo Picasso, La Minotauromachie, Etching, 1935

先日のサザビーズで60万ポンド、1987416ドルで落札されたとか。
同じエッチングが1990年に2150万スイスフラン、当時のレートで88万ポンドで落札された記録があるそうです。

より以前の記事一覧