2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

若冲

「動物綵絵」修理事業報告書

Img_985824_28659096_0

「動物綵絵」「勺薬群蝶図」
伊藤若冲

                                                                        

                                                                        

                                                                     

                                                                     

                                                                     

                                                                     

                                                                     

                                                                     

                                                                     

伊藤若冲「動物綵絵」修理事業報告書

編集 宮内庁三の丸尚蔵館
発行 宮内庁

目次
はじめに
三の丸尚蔵館の修理事業
伊藤若冲「動物綵絵」について
修理の方針と修理作業
「動物綵絵」各幅寸法
「動物綵絵」各幅について
動物綵絵」に関する彩色材料調査
X線透過撮影による調査画像

平成11~16年行なわれた補修の報告書です。
市販はされておらず、この11月頃から各県立図書館などに配布されているようです。
修理で確認された知見は大きく3点。
①大正8年の命により修理がなされた。
 修理を担当したのは滋賀の伴能十全堂。
②元来の肌裏紙は墨色。大正の修理でもそれを踏襲。
 通常使われる生成色では表現が弱くなる。
③裏彩色の使用が確認された。


2~3ページにわたって「動物綵絵」各幅の表裏全図と裏彩色の部分図がのせられおり、裏彩色を中心とした解説がなされている。
例えば「勺薬群蝶図」。
表裏全図、白蝶の裏彩色図、薄ピンクの芍薬の花びら図、その部分図、
薄ピンクの芍薬図、その裏図、赤い芍薬裏面図、蘂部裏図、
の各画像と 以下のような説明がなされている。
白い蝶については上部の2頭を除く5頭の蝶の羽の胡粉による裏彩色。
上部の蝶と白さに明確な差がある。
芍薬については花びらに胡粉彩色のあるものには、極薄い裏彩色のあるものと表だけのものとがある。赤い花びらでは表では色調の異なる赤を裏には部分的裏彩色。白斑点の黒い蝶の下の白い芍薬では、蘂部全体に胡粉で薄く裏彩色、
表ではまず緑青をおきその上に胡粉、さらに黄色の染料そして一番上に赤紫の染料。葉の多くは染料で表現、茎や萼の裏に緑青の裏彩色。


蛍光X線分析による彩色材料の調査結果、X線透過撮影による顔料と染料の
使い分けの画像も併せて紹介されています。
彩色材料については白色、赤・薄赤・桃色、黄色、茶色、金・金茶色、緑色、青色について分析。その詳細及び表面描写の彩色方法については別の機会に紹介される予定。

X線透過撮影においては水銀などの重元素を含む顔料は黒く濃く映り、カルシウムなどの軽い元素を含むものは薄く映る。染料は透過してしまうそうです。
(群鶏図)
Sjakuchu 081228_14140001

白い象と黒い鯨、大胆に描く 伊藤若冲、晩年の屏風

白い象と黒い鯨、大胆に描く 伊藤若冲、晩年の屏風

江戸時代に京都で活躍した絵師で、近年、「奇想の画家」として人気の伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716~1800)が晩年に描いたとみられる屏風(びょう・ぶ)が北陸地方の旧家で見つかった。今年8月に美術関係者が発見した。

 鑑定した滋賀県甲賀市のMIHO MUSEUM(ミホミュージアム)によると、屏風は縦159センチ、横354センチの六曲一双(左右一対)。一方(右隻)に波打ち際に座る白い象が、もう一方(左隻)には黒い鯨が潮を吹き上げている様子が大胆に描かれている。落款のそばに「米斗翁八十二才画」という書き込みがある。「米斗翁」は若冲の戒名になっており、80代前半の作とみられる。岡田秀之・同館学芸員は「晩年の大作は珍しく若冲の業績を知る上で貴重な資料」と話す。

 若冲に詳しい同館館長の辻惟雄(のぶお)・東大名誉教授は「思いもよらない発見で大変驚いている。画面いっぱいに空想をまじえて描かれた象の姿や、鯨を包む波頭の表現からも、落款からも若冲の作品に間違いないと思う。若冲研究にとって、大きな発見だ」としている。

朝日新聞
2008年12月20日14時56分

Osk200812200070 Osk200812200071_2