2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

鳥居派

ボストン美術館浮世絵名品展 清長

Sc232193fpxobjiip1_3                    Sc229409fpxobjiip1
「工藤左衛門祐経 市川高麗蔵」                      「二代市川門之助の源頼信」

Sc232196fpxobjiip1_2                                
「八百や お七 瀬川菊之丞」 (三代目)

Sc153941fpxobjiip1                   Sc228607fpxobjiip1  
 「当世遊里美人合 土手花」                            「当世遊里美人合 橘」

Sc229674fpxobjiip1_2        Sc83946fpxobjiip1
「当世遊里美人合 叉江涼」 (2枚続き)                       「当世遊里美人合 叉江涼」

Sc229394fpxobjiip1_3                                             Sc233326fpxobjiip1_6
「雛形若菜の初模様 丁子屋内丁山 しをり つまき」                          「雛形若菜の初模様 あふき屋扇野 いさみ すさみ」

Sc228907fpxobjiip1_2
「雛形若菜の初模様 あふきや内 たき川 おなみ めなみ」

Sc228624fpxobjiip1_2               
「風流三つの駒」 春駒

Sc160946fpxobjiip1             Sc228608fpxobjiip1_4
「美南見十二候」 三月 飛鳥山の花見                                              「美南見十二候」 九月 いざよう月

Sc228908fpxobjiip1                 Sc229676fpxobjiip1_2
「風俗東之錦」 春の野遊び                                                 「風俗東之錦」 萩見

Sc232189fpxobjiip1
「風俗東之錦」 帯解

Sc231472fpxobjiip1
初春の越後屋

Sc230812fpxobjiip1                                               Sc231471fpxobjiip1
三代瀬川菊之丞の小糸、山下万菊の賤機姫、                                          三代目瀬川菊之丞の遊女
三代沢村宋十郎の大友常陸介、                                                             三代目沢村宗十郎の曾我十郎
富本豊前太夫、富本斎宮太夫、名見崎徳治                                             五代目市川団十郎の遊女

Sc231471fpxobjiip1_2                                               Sc228904fpxobjiip1
三代沢村宗十郎の濡髪長五郎、二代市川門之助の放駒長吉、                  五代目市川団十郎の横川覚範、
三代瀬川菊之丞の吾妻、三代市川八百蔵の山崎与五郎                         三代目沢村宗十郎の狐忠信、中山富三郎の静御前

Sc228609fpxobjiip1                                               Sc232187fpxobjiip1
三代沢村宗十郎の頼朝、山下万菊の政子、                                              三代沢村宗十郎の工藤祐経、
中村里好の清瀧                                                                                 三代市川八百蔵の曾我五郎、三桝徳次郎の大磯虎

Sc229391fpxobjiip1                                               Sc228923fpxobjiip1
                                                   三代瀬川菊之丞の石橋

Sc230815fpxobjiip1                     Sc228906fpxobjiip1
「子宝五節遊」 人日(1794~5年)                          「子宝五節遊」 上己(1794~5年)    

Sc228905fpxobjiip1                     Sc230813fpxobjiip1
 「子宝五節遊」 重陽(1794~5年)                        「子宝五節遊」 人日(1801年)

Sc229392fpxobjiip1                     Sc229393fpxobjiip1
 「子宝五節遊」 上己(1801年)                        「子宝五節遊」 端午(1801年)

Sc230112fpxobjiip1                    Sc230814fpxobjiip1
「子宝五節遊」 七夕(1801年)                          「子宝五節遊」 重陽(1801年)


十七歳で消えた天才絵師

C0013639 「文読む美人図」 
清政

                              

                              

                              

                               

                                

                              

                              

                              

                              

                              

                              

先日訪れた四大浮世絵師展で目に付いた絵師に鳥居清政があります。
「江戸紫娘道上寺」、十七歳で消えた天才絵師とありました。
鳥居清政、1776~1817年。
浮世絵師には珍しく生没年が判っています。
Sc154958fpxobjiip1 鳥居派4代目清長の子供で、11歳で描いた「頭巾を被った女と凧を持つ子供」などが残されています。「江戸紫娘道上寺」の説明には17歳とは思えぬ技量とあります。画像2の「なにはや おきた」は同じく17歳の作と推定されています。
その清政が20歳を前に筆を折ります。
父清長の命です。
鳥居派は3代目清満が亡くなった時跡継ぎがなく、存亡の危機に陥ります。
その2年後に清満の外孫が生まれたため、とりあえず清長が4代目を継ぎ外孫が成長の暁に跡を譲ることで話がまとまります。長じた清峰が清長に弟子入りした時、跡目争いを避けたのです。清長といえば美人画のイメージが強いですが、後年舞台絵に専念します。鳥居派の元祖と言われる清元は大坂の役者で余技で絵看板等を描いており、江戸に下ってからの活動が鳥居派の始まりとなっています。そのような事情もあり5代目以降も鳥居派は歌舞伎の絵看板、番付を得意にします。その流れは現代も続き9代目清光さんは歌舞伎座などで活躍されています。鳥居派初めての女性宗家です。

中右さんの著書「写楽は18歳だった!」は清政が写楽の正体ではとのものです。

暑中お見舞い

近畿地方も平年よりも3日早く梅雨明けしました。 本格的な夏の到来です。         お体にはくれぐれもお気を付けください。

Uirou_2

小田原

国綱

画像の異彩を放つ建物は提灯と並ぶ小田原名物を扱う外郎家。 

Sc200218fpxobjiip1 ういろうは600年余り前、陳宗敬により伝えたられた透頂香(とんちんこう)という薬。江戸時代、万能の大衆薬として親しまれました。 もっとも今日では、名古屋や山口などの名物にもなったお菓子の方が馴染みでしょうか。お菓子は外郎家の来客用に出されていた物。「東海道中膝栗毛」では喜多さんが勘違いして薬の方を食したりしています。

外郎売り 団十郎2世市川門之助(大磯の虎)      鳥居清信

歌舞伎「外郎売」で語られる口上は早口言葉として有名。

http://www.d7.dion.ne.jp/~hal9000/uirouuri.htm

その他にも江戸時代には様々な薬が売られています。頭痛薬、歯痛はもちろんお乳のでる薬なども。人魚印でお馴染みのの清心丹は暑気当り、水当り、乗り物酔い、に効き、津村順天堂の中将湯は婦人薬。小伝馬町にあったのは虱退治薬の幸手屋。                   

専門薬の店として有名だったのは薬研堀埋立地にあった四つ目屋。女悦丸、長命丸などの媚薬、諸道具を販売。土産として地方にも広く知られていたとか。         詳しくは田中優子著「張形ー江戸をんなの性」河出書房新社に出ているかも知れません。

http://lian.webup.co.jp/yuu/list/book3.htm

Photo_3 Photo_6 それぞれの商標、引き札が保存されています。京都烏丸の山口屋の枇杷葉湯。 江戸、大坂にも店を構え、多くの売人を使って市中を担ぎ売りされたとか。水当りに効くため旅人がよく携行したそうです。

Photo_7 Photo_8